« 年始 | トップページ | ウィーン・フィルのニューイヤーコンサート »

2006年1月 2日 (月)

天皇杯のレッズ

準々決勝(vs川崎フロンターレ)、準決勝(vs大宮アルディージャ)はライヴ観戦、元日決勝(vs清水エスパルス)はTV観戦。
田中達也は怪我以来ずーっと試合には出られないし、トゥーリオはブラジルに帰ってる。鈴木啓太はイエロー累積で決勝は出番無し…
メンツが揃わなくて、内容がイマイチでも、トーナメントを勝ち抜けるようになったんだから、やっぱり強くなったんだなぁ(しみじみ)。
最後の3試合だけみてもイライラすることが多くて、どうなることかと思ったーってな試合が続いたけど、結局勝っている…憎らしいほど強い、わけじゃないけど、最後には勝つ!
どこをとっても隙がないほどの圧倒的な強さで勝つ、というのはレッズのキャラではない。マヌケさ加減もほどほどに、終わってみたら勝っていた、というチームになって欲しいと思っていたので、ある意味、理想だ(ワタクシ的には)。

天皇杯が佳境に入ってからとりわけマリッチ大活躍。これで退団というのはちょっと勿体無い気もするけど、祖国クロアチアの紅白市松旗と浦和サポのマリッチコールに送られて、天皇杯を置き土産に去る、というのは、在籍期間の短い外国人選手としてはこの上ない名誉じゃなかろうか。
監督にも「この大会はマリッチのための大会」とまで言われたそうで…マリッチは、歴代のレッズ在籍外国人選手の中で、記録ではなく記憶に残る選手になるのかもしれないなぁ。

|
|

« 年始 | トップページ | ウィーン・フィルのニューイヤーコンサート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106595/7968529

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇杯のレッズ:

« 年始 | トップページ | ウィーン・フィルのニューイヤーコンサート »