« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006年3月26日 (日)

歌舞伎:當世流小栗判官

昼は第1部、発端から2幕目、夜は第2部、3幕目と大詰という構成になってます。今回は残念ながら第1部だけの観劇。主役の市川右近さんの3枚目ぶりを観られただけでもかなり満足〜♪(負け惜しみではないよ)
詳細は国立劇場のHPでチェックお願いします。

http://www.ntj.jac.go.jp/performance/10.html

右近さんは第1部では主役の小栗判官と2幕目に出てくる矢橋(やばせ、と読む。歌舞伎の登場人物の名前も難しい)の橋蔵という3枚目の小悪党の2役。右近さんの3枚目なんて観るの初めてかも…私の乏しい観劇経験では彼はいつも主役クラスの2枚目(りりしい若武者役とか)をやってるから。

で、右近さんの橋蔵、のっけからアドリブのギャグ連発で涙が出るほど笑った!
登場するなりもう一人の悪役を演じる市川猿弥さんに向かって『千秋楽おめでとー』とあいさつをし、退場のときは花道でイナバウワーをやらかし、いただきもののドリンクを取り出してその商品名が‘ウコンの力’、というオチまでつけてくれた。
会場の爆笑を誘う右近さんのそばでむっつり黙って腕組みしている2枚目の市川段治郎さんは大変だなぁ。絶対笑えない、笑っちゃいけない役だもん(いやでもそこはプロだから)。

他の日は知らないけどいつもあんなにギャグかましてるんだろうか?なんか千秋楽を迎えた喜びと開放感でタガが外れて悪のり状態に見えたけど(笑)。彼だけじゃなくて皆で。
いーけどね、私は好きだから、こーいうの。歌舞伎を高級なお芸術だと思っている人に見せたかった暴走ぶりです。いや、歌舞伎はこういうものだとは言わないけど、こういうのもありってことで。
こういうマンガチックな3枚目と、主役の小栗判官みたいに暴れ馬を静める有能な2枚目の2役を同じ役者が演じる、その落差が面白いのだが、それも伝統だそうだ。
しかし3枚目の時の右近さんは2枚目の右近さんを演じる時よりセリフが聞き取りやすいのは私の耳が腐っているのだろうか??

段治郎さんは対照的に正統派の2枚目・正義の味方(笑)。迫力は出たけどまだちょっと線が細いかなぁ?観劇経験の乏しいやつの言うことじゃないけど。もっと年を重ねたら渋い2枚目か?
そのうち3枚目もやって欲しいです。

笑也さんの照手姫は綺麗だけど、第1部に限って言えばキレイなだけであんまり個性ないし、面白くない。でも歌舞伎のお姫さまだから綺麗なだけでも十分なのかもしれない。

※国立劇場の前庭には何種類もの桜の木があって、ちょうど見頃になっていた。隠れた花見名所らしい。さくらまつりというイベントも開催中。ゆっくり観たかったなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年3月25日 (土)

最初の天王山:アウェイ・横浜Fマリノスvs浦和レッズ

うーん、強くなったなぁ、としみじみ思った。
相手はさすがに元2年連続チャンピオン、前半はハラハラドキドキ…ちょっと違うな、緊張感はあるけど、ネガティヴなハラハラドキドキじゃなくて、もっとこう、レベルの高いスリルとでもいいましょーか、そんな感じだった。それはもちろん相手も強いのでガンガン攻め込まれる場面はあるんだけど、ギリギリのところで耐えているという感じではなかった。2シーズン制のチャンピオンシップで戦った時はまだマリノスの方が上だと思ったけど、今はそんなことないな。
後半先制してからはむしろ余裕で追加点はとる(中澤と松田にべったりくっつかれても倒れないワシントン!)し、ロスタイムで1点とられた(これはホントに余分、反省しろ!)後でまた1点追加して突き放す。リードしてなお攻めまくるという、楽しくって夢のような展開。でも夢じゃない〜♪

ちょっと早い気がするがこれで首位。これを維持する方がもっと大変。
ここから先、マリノスより明らかに弱い相手にポロっと負けて勝ち点を落とさないように。
まあシーズンは始まったばかりなので、これからいくつも山も谷も来るだろうからそこで踏みとどまれるかどうかだな。

※長谷部君ジーコ監督にアピールできたかな?エクアドル戦で使ってもらえるといいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年3月24日 (金)

タダの日記です

何となくだらだら過ごしているうちに更新が滞って10日以上過ぎてしまった。
下書きのまま寝かせている記事もあるし…ブログって始めるのはお手軽でも続けるのは大変だと思います。

私がグータラしてもうちの組(=浦和)は着々と勝ち点を積み重ねてしっかり2位をキープ、この週末はシーズン最初の天王山、アウェイで横浜FM戦。勝てよ〜〜〜〜!!!(少なくとも負けるなッ!!!!)
できれば現地生観戦したいとこだけど翌日歌舞伎を観に行くので自重することに。

週末はいつも(家にいる限りは)私が食事当番で、母に楽させてやらねばならんのです。私もこれまで好き勝手してきたから、少しは気を遣わねば、と世間並みに考える。そもそも、娘が大人になってもまだおさんどんから解放されないというのは母にとってはかなり計算違いだったと思うので。
かといってこっちも今さら模範的孝行娘を演じることは出来ないから。やれる範囲でしかできないし、やりません。両親とも元気でいてくれるのが何より幸い。

ちょっと調べものがあって、ン十年前(日本にはファンジンなんて殆ど無かった時代!)のロック同人誌をひっくり返して読んでいたら…自分の原稿が載っている。かなり恥ずかしい。絵も文章も。絵は今よりずっと上手いかもしれないけど(というより、今は年賀状の時くらいしか描けない)、なんか生意気なこと書いてたな、私。若いって恐ろしい(笑)。どのバンドに足をとられて転んてハマってあわあわしてたかよくわかる。全てがそれを中心に回っていた。あの異常なまでの熱意は自分のことながら羨ましい。せめてあの集中力の半分でもいいから復活させたいなぁ…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2006年3月12日 (日)

ホーム開幕戦:浦和レッズvsジュビロ磐田

今季初観戦於さいスタ。
とりあえず3−1で勝ち点3ゲットはいいんだけどタイムアップ近くなって1失点はいただけない。
しかもフロンターレは前節に続いて大量得点勝利、今日のゲームではガンバが大阪ダービーで6得点ときたもんだから、もっと点獲っておけば良かったのに〜〜〜!!!と後になって悔やむことのないように、下位チームとの対戦で心して欲しい…というのはたった2節で心配性?ええ、心配性ですね(笑)。昔を知っている弊害です。
なんて贅沢な心配の仕方だろーか…

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年3月 8日 (水)

初めての金融商品(笑)

長期に渡るゼロ金利政策のおかげで、定期預金にまとまった額を入れても全くありがたみがない利子しか付かないので、趣味と実益(は、あまりナイけど)をかねて浦和レッズ応援定期を買いました。
うちの組のスポンサーの1つ、さいしん=埼玉県信用金庫の目玉商品。これはレッズがリーグ優勝すると通常の利率+0.07%上乗せした利率で利子が付くもの。5位までに入れば利率上乗せあり、だけど準優勝では0.03%だし、4位5位ではたった0.01%しか上乗せにならないのでこれはもう優勝してもらうしかないっすよ!
ついでに新規契約総額の0.05%がチーム強化資金になるという特典もあるので、ささやかながらサポートに貢献できる。自己満足かもしれんけど、サポーター心理をくすぐる商法にちょっと乗ってみました。預金保険制度の対象なので元本は保証されてます。(さいしんのまわしものでわナイ)

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

いまさらながら花粉症

…の症状がまた少し悪化した模様。
今日、いや日付変わったので昨日の午後から鼻水の量がにわかに増えた。鼻づまりは酷くないけど、鼻水は水漏れ状態に近いです(トホホ)。

かぼちゃ+PRIMAL FEARのライヴ総評(ンナたいそうなもんじゃないが)を兼ねて思うところを文章にしようとして未だ果たせず。下書きのまま置いてあります。きちんと書いてからアップしますので、しばらく寝かせといて下さい。あ、私は未だダウンしてません。頭少しぼーっとしてるけど。

かぼちゃ+PRIMAL FEARを予定外の2回も観ることになったのはずっと顔を合わせていなかった友人が急遽上京することになったから。最近ライヴに行くのは誰かが行くから、見るからって理由が多いです、正直なところ。ほとんど同窓会のノリ…といってホントに全然興味ないバンドまで観る気はないですからねぇ、チケ代高いし。

夜更かしは花粉症症状悪化させるんだよね…もう寝ます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2006年3月 4日 (土)

PRIMAL FEARの日

前回の記事でかぼちゃのことしか書かなかったのは、正直なところPRIMAL FEARはあまり良くなかった/感心しなかったからです。どこがどうと言われても説明するのは難しいのだけど、なんか中途半端でノレなかった。音のバランスも悪くて、やたらドラムばかりドカドカ聞こえてきて、ギターなんかろくに聞こえない。Ralfのパフォーマンスもダサく見えた(ごめん)。こんなんでいいのかと思った…だから3月1日はひいき抜きでかぼちゃの圧勝だったのです、私にとっては。

今夜はPRIMAL FEARの日!3月1日は一体何だったの?
タイトでヘヴィで圧倒される迫力、ベテランの底力発揮・面目躍如というか、そこらのお子ちゃまは引っ込んでいろ!的凄さでありました。
あれならもっと観たかった。単独で来て欲しいものですが、難しいですかね?

以下次号!おやすみなさい(ねむ…)

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2006年3月 3日 (金)

コミックバンド再び?

3/1、HELLOWEEN+PRIMAL FEAR観てきました。急遽土曜日にもう1回観ることにしたので、ちゃんとしたライヴレポはその後アップしようと準備中。いろいろ書きたいことがあってすぐまとまりそうもないので。

かぼちゃは再びコミックバンド化していました(笑)。前回来日公演の時はあんなじゃなかったんで、そうか彼等もやはり年とともにきちんとシリアスにやれるようになったか、と思ったのになんなんだ。ただし昔は内輪ウケ漫才みたいな笑いの取り方だったけど今は隠し芸大会。若いもんに隠し芸で時間を稼がせて、その間おじさんは休む(ウソ…でもなかったりして…)。
Markusももうおじさんになったけど、Andy、Weikiよりは若いもんね、もっと若いドラマー(Dani Loebleのバイオを見ても誕生日は公表されていないけど、Markusより年上とは思いません←きっぱり)と張り合って(?)可愛いドラムセットでいっつ・しょー・たいむ…ってもお猿さんのおもちゃのタイコ、みたいで笑えた。プロのドラマーの音はやっぱり違います。
でそのDaniは可愛いミニチュアギターでSaschaと張り合う。かっこだけはいっぱしのギタリスト。あの音、ホントにあのギターから出ていたんだろうか??弾いてないのに音が出ていた瞬間があった気がするのだが…?会場の一番後ろの柵の前で見ていたのでディテールがわからない。

正直なところ私は前回の時のSascha Gerstnerが全く印象に残っていない。今あらためてバイオを調べて、2003年から加入していたのだとわかってアセりました、ごめんなさい。前回見てるのに今回初めてみたいな気がしていた(←これが浦島化の弊害です)、だって、色白で長身で今時の日本人の若いもんより濃い黒髪で、何だか北欧のデス・メタル・バンドの子みたいじゃないですか(笑)。

Andyのヴォーカルは前回気にならなかったけど、今回また違った意味で気になった。新しい曲もスピード・ナンバーになるとMichiかRalfみたいなヴォーカルで聴きたい、と思ってしまうのだ。Eagle Fly Freeはもうちょっとちゃんと歌って欲しかったなぁ。
とはいえ、高音部もかなり声が出ていたし、調子はよかったんですかね?(風邪引いていたとか聞いたけど?)
このAndyとWeikiのおじさん度はさすがで(笑)、ボディ本体はあまり動かないけど手だけはよく動くAndyのパフォーマンスはさながら独り芝居のヘボ役者。でもなぜかあの動きは好きらしいのだ、私(へぇーっ)。Weikiは昔からたらーんとしていたけど、アンコールの一番最後のクライマックスでギターをAndyに持たせてステージ隅っこでおしゃべりしながら板に着いたサボり方(やめろって…笑)。ちっとも変わってないのねこーゆーとこ。

終演後外へ出て久々に会った友人たちとちょっと話しただけでもう11時目前。定時退社してPRIMAL FEARが始まる頃駆け込みで会場に入ったので、結局夕ご飯を食べる暇もなくすきっ腹抱えて帰宅しました。(土曜日以降に続く…たぶん)

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »