« 最初の天王山:アウェイ・横浜Fマリノスvs浦和レッズ | トップページ | ココログバージョンアップ »

2006年3月26日 (日)

歌舞伎:當世流小栗判官

昼は第1部、発端から2幕目、夜は第2部、3幕目と大詰という構成になってます。今回は残念ながら第1部だけの観劇。主役の市川右近さんの3枚目ぶりを観られただけでもかなり満足〜♪(負け惜しみではないよ)
詳細は国立劇場のHPでチェックお願いします。

http://www.ntj.jac.go.jp/performance/10.html

右近さんは第1部では主役の小栗判官と2幕目に出てくる矢橋(やばせ、と読む。歌舞伎の登場人物の名前も難しい)の橋蔵という3枚目の小悪党の2役。右近さんの3枚目なんて観るの初めてかも…私の乏しい観劇経験では彼はいつも主役クラスの2枚目(りりしい若武者役とか)をやってるから。

で、右近さんの橋蔵、のっけからアドリブのギャグ連発で涙が出るほど笑った!
登場するなりもう一人の悪役を演じる市川猿弥さんに向かって『千秋楽おめでとー』とあいさつをし、退場のときは花道でイナバウワーをやらかし、いただきもののドリンクを取り出してその商品名が‘ウコンの力’、というオチまでつけてくれた。
会場の爆笑を誘う右近さんのそばでむっつり黙って腕組みしている2枚目の市川段治郎さんは大変だなぁ。絶対笑えない、笑っちゃいけない役だもん(いやでもそこはプロだから)。

他の日は知らないけどいつもあんなにギャグかましてるんだろうか?なんか千秋楽を迎えた喜びと開放感でタガが外れて悪のり状態に見えたけど(笑)。彼だけじゃなくて皆で。
いーけどね、私は好きだから、こーいうの。歌舞伎を高級なお芸術だと思っている人に見せたかった暴走ぶりです。いや、歌舞伎はこういうものだとは言わないけど、こういうのもありってことで。
こういうマンガチックな3枚目と、主役の小栗判官みたいに暴れ馬を静める有能な2枚目の2役を同じ役者が演じる、その落差が面白いのだが、それも伝統だそうだ。
しかし3枚目の時の右近さんは2枚目の右近さんを演じる時よりセリフが聞き取りやすいのは私の耳が腐っているのだろうか??

段治郎さんは対照的に正統派の2枚目・正義の味方(笑)。迫力は出たけどまだちょっと線が細いかなぁ?観劇経験の乏しいやつの言うことじゃないけど。もっと年を重ねたら渋い2枚目か?
そのうち3枚目もやって欲しいです。

笑也さんの照手姫は綺麗だけど、第1部に限って言えばキレイなだけであんまり個性ないし、面白くない。でも歌舞伎のお姫さまだから綺麗なだけでも十分なのかもしれない。

※国立劇場の前庭には何種類もの桜の木があって、ちょうど見頃になっていた。隠れた花見名所らしい。さくらまつりというイベントも開催中。ゆっくり観たかったなぁ。

|
|

« 最初の天王山:アウェイ・横浜Fマリノスvs浦和レッズ | トップページ | ココログバージョンアップ »

コメント

>Hattie様
フォローありがとうございます。

右近さんの3枚目の化けぶりも凄くて、私ゃ最初は誰がやってるのかわからなかったですよ(笑)。

投稿: 如月 | 2006年3月29日 (水) 02:55

千秋楽に限ってはある程度のおふざけは許される、という不文律が歌舞伎に限らず舞台の世界にはあるそうです。

最近だと、颯爽たる壮年武士の姿で出るはずの菊五郎さんがよぼよぼの爺さん姿で登場して舞台の役者さん笑いをかみ殺すのに大騒ぎ、という例があったとか。知らない人はそういう役だと思っただろうけど、知ってる人は大爆笑だったんだと。

右近バウアーとウコンの力はデフォルトでした。台詞の聞き取りやすい、やすくないの違いは、声のトーンと言葉使い、それに張っていう役とそうじゃない役の違いもあるんじゃないかしらん? 張っていう役だと色々節回しみたいなのがつくから。

投稿: Hattie | 2006年3月27日 (月) 02:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106595/9272198

この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎:當世流小栗判官:

« 最初の天王山:アウェイ・横浜Fマリノスvs浦和レッズ | トップページ | ココログバージョンアップ »