« タダの日記です | トップページ | 歌舞伎:當世流小栗判官 »

2006年3月25日 (土)

最初の天王山:アウェイ・横浜Fマリノスvs浦和レッズ

うーん、強くなったなぁ、としみじみ思った。
相手はさすがに元2年連続チャンピオン、前半はハラハラドキドキ…ちょっと違うな、緊張感はあるけど、ネガティヴなハラハラドキドキじゃなくて、もっとこう、レベルの高いスリルとでもいいましょーか、そんな感じだった。それはもちろん相手も強いのでガンガン攻め込まれる場面はあるんだけど、ギリギリのところで耐えているという感じではなかった。2シーズン制のチャンピオンシップで戦った時はまだマリノスの方が上だと思ったけど、今はそんなことないな。
後半先制してからはむしろ余裕で追加点はとる(中澤と松田にべったりくっつかれても倒れないワシントン!)し、ロスタイムで1点とられた(これはホントに余分、反省しろ!)後でまた1点追加して突き放す。リードしてなお攻めまくるという、楽しくって夢のような展開。でも夢じゃない〜♪

ちょっと早い気がするがこれで首位。これを維持する方がもっと大変。
ここから先、マリノスより明らかに弱い相手にポロっと負けて勝ち点を落とさないように。
まあシーズンは始まったばかりなので、これからいくつも山も谷も来るだろうからそこで踏みとどまれるかどうかだな。

※長谷部君ジーコ監督にアピールできたかな?エクアドル戦で使ってもらえるといいね。

|
|

« タダの日記です | トップページ | 歌舞伎:當世流小栗判官 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106595/9256201

この記事へのトラックバック一覧です: 最初の天王山:アウェイ・横浜Fマリノスvs浦和レッズ:

« タダの日記です | トップページ | 歌舞伎:當世流小栗判官 »