« ン十年ぶりの歯医者 | トップページ | ‘サムライ’マリッチ »

2006年4月22日 (土)

ゴールに嫌われた日:清水エスパルスvs浦和レッズ

今季初黒星。どんな強いチームでも全ての試合で勝つことはない、まして浦和においておや。いつかはくる黒星なら早い方がよい(?)。
それにしても今日はゴールに嫌われたなぁ。ワシントンがあれほどはずしまくるのも何かツイてんじゃないかと思うほど。前節までのレッズなら、はずしまくったにしても少なくともあと2点は取れて、勝てた。後半攻めて攻めて攻めまくってもボールがゴールに入らない…ほんとに運がなかった。
レフェリーもどんなもんだか…今日の主審さん、気安くカード出し過ぎてなかったか?選手一同かなりいらついていたように見えたけどその原因のかなりの部分はレフェリーにあったと思う。アウェイで生参戦のゴール裏サポのみなさんはさぞ吠えまくったことだろう。(飛び交う罵声が容易に想像できた)

それでも、負ける時ってこんなもんだろう。前半早い時間に短時間で2失点は海より深く反省してほしいけど、最小得点差での負けにとどめたのは不幸中の幸い。

次は埼玉ダービー(生観戦予定)、今日の敗戦を引きずらないでほしいです。

|
|

« ン十年ぶりの歯医者 | トップページ | ‘サムライ’マリッチ »

コメント

>咲岡様
試合の壊し屋ですか…そんな困ったちゃんな審判さんだったのか…やっぱり。
いや、確かにスコアでは大崩れしてないけど、かなりイラついていたことは確かで、ポンテなど試合後にしつこく抗議した挙げ句カードもらって退場したそうです。(NHKの中継ではわかりませんでした)試合後にカードってのもちょっと困りもん。審判がいくらヘボでも、昨日の試合は負けだと思います。ペーペーでもないポンテ(ドイツでやっていたベテランですよ!)までが余計なものをもらってしまうようでは。
面白いことに、試合後の浦議(浦和サポのサイト、『浦和レッズについて議論するページ』を省略してこう呼びます)の掲示板を覗いて見たら、思ったより審判批判が盛り上がっていなかった。もちろんあの審判はペケだけど、試合内容が負けてもしゃーないわ、あれでは、って感じですね。イイ傾向かな。
それにしても川崎は今季ちょっと怖いです…総得点がリーグ1で、失点も3番目くらいに少ない。このまま最後まで行けば面白くなりますよー。マジでお手柔らかにってお願いしたい!

投稿: 如月 | 2006年4月24日 (月) 00:34

後半の猛攻の様子をスポーツ番組で見て、本当に残念な黒星だったんだなぁ、と思いました。
審判に関しては、J2時代に「試合の壊し屋」として名の知れた方々の一人で、ダンナと共に、なんでこういう審判は変わらない(成長しない)んだろう、とあきれる事しきりでした。でも、イラつきながらも大崩れしないレッズというチームには感服です。(対戦相手としては戦慄しますが…)
W杯まで2ヶ月を切りましたね!早いものです。リーグ戦、ニャビスコ杯と選手にはキツイスケジュールですけど、観る側には堪らない期間です。益々サッカー熱が上がりそうですね!

投稿: 咲岡 | 2006年4月23日 (日) 09:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106595/9715572

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールに嫌われた日:清水エスパルスvs浦和レッズ:

« ン十年ぶりの歯医者 | トップページ | ‘サムライ’マリッチ »