« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月26日 (金)

京劇「楊門女将」

2度めの京劇体験は、強い女性がたくさん出てくる漫画にしたいような(?)演目。やっぱりこれスーパー歌舞伎にしてみたいなぁ。

楊門女将、または楊家将演義。
約千年前の北宋時代、北方辺境守備に活躍した楊氏一族の軍記物語…なんだけど、一族の男たちが次々死んでしまうので、活躍するのが嫁さんや娘たち。今回の演目も、跡継ぎの若様を除く男がいなくなった後、初代の未亡人(百歳の老婆!…にしては元気過ぎ)以下一族の女性たちが異民族討伐に出陣するという華やかで勇ましいお話。
8人の息子たちの未亡人と2人の娘が武装して勢ぞろいする様は壮観。皇帝や大臣といった男たちが及び腰なのに比べて楊家の女性たちは断固抗戦・戦いあるのみ、と恐いもの知らずというか何というか。男尊女卑の中国でこんな女性上位な大衆小説/演劇がウケるんだから面白い(ホンネと建て前?)。北宋時代以降、北方の異民族に屈辱的に悩まされてきた反動で、庶民レベルの怨念がこもっているようでもある。

京劇は全く見慣れていないし知識も無いので劇評なんてとんでもない話。
ただ、スーパー歌舞伎の「新・三国志」がかなり京劇のエッセンスを取り入れているのがあらためてわかった。中国語はまったくダメなので、台詞は音として聴いているようなもの。あくまで耳で聴いた限りだけど言葉のやり取りが面白いところもある。主戦派と和平派の重臣2人がやり合うシーンは漫才チックで結構笑える。

登場人物の半分以上がいわば‘猛女’なので、唯一の楊家の男子である若様がまるで可憐でお転婆な少女。留守番させられるのが嫌で、おかあさん(=楊家一の女将)と立ち会って勝ったら出陣、と言われ、打ち合いながら勝ちを譲ってと密かにおねだりするのが可愛い。

凄いマヌケなことに歌舞伎と同じように全員男優が演じていると途中まで思っていた…女性の役は女優さんがやってました!(←バカ)主役の女将が頭のてっぺんから出しているような細くてかん高い声なので馴染むのにちょっと時間がかかる。

もっとマヌケなことに、今日の演目Aの続編B(今回は1つの話をA、Bと2つのプログラムに分けて上演される)のチケットをぴあのHPで買おうと思ってまちがってまたAを買ってしまった!(←大バカ)誰か行きませんか〜??6月4日なんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年5月21日 (日)

友あり、遠方より…

長いこと音信不通だった友人から久々に、手紙がきた。
ネットで別の友人のHPの掲示板のログから私の書き込みを見つけて、再度コンタクトとってくれたという。
私も、正直なところ最近は年賀状送付先リストからはずしてしまっていただけに、再度お便りもらったのは嬉しい。彼女の住所は変わっていないので、とりあえずこれまで出したはがきは届いていたのだ、よかった!
いろいろあったみたいだけど、説明してくれてまた手紙くれただけでいいよ。音信不通のまま全くふっつりの人も多いことを考えたら、これはほんとに嬉しい。
私も昔はマメに手紙魔やっていたのに最近はめっきり筆無精(メールでも同様)なことを考えると自然消滅的に音信不通になる人をどうこう言えないのだ。

コミュニケイトし続けるというのも難しいもんだとつくづく思う。今みたいに技術的に連絡取るのが簡単なはずの時代になって、かえって人と距離を作ってしまっているのはどういうことだろうか?
用事が無くてもメールしなくちゃダメ?
無理に話題を作って話をすると言うのもツラいもんがあるけれど…。
とりとめない話をするのは好きなクセに←自分。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2006年5月 9日 (火)

負けたのが良薬?:浦和レッズvs鹿島アントラーズ

難敵と思われていた鹿島に4-0の大勝。前節のうっぷんをはらして気持ち良くW杯お休み期間に入る。

ジェフ戦は見ているこっちも文句無し(?)の敗戦だったけど、あれで反省して修正がばっちり効いたのなら良い薬になったわけで、転んでもただでは起きない抜け目ないチームになったというポジティヴ評価をしておこうっと。

雨さえ降らなければ本当に最高のGW最終日だった。
家を出るときは空が明るくて雨も小降りだったのでレッズのエンブレム入りポンチョを持っていかなかったのは大失敗。
結局試合中ずっと雨に降られて、一応レインコート代わりにもなるジャケットを着ていったものの完全には防げず半塗れねずみ状態で冷たいの寒いのなんのって。
終了まぎわにワシントンがPK決めて4点入ったのを見届けてから、ロスタイムに入る前に席を立ちました。帰宅してすぐシャワー浴びてしまったよ…。

さいたまダービーに続いてご一緒した皆様、お疲れ様でした。
またよろしくお願いしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年5月 6日 (土)

GW中にしたこと

うちは昔からGWにはあえて遠出をしないので、出かけると言えばせいぜいデパートに行くとか、美術館に行くとかそんなもん。
今年のGWの成果(といえるほどのものかどうか)は3日、4日、今日6日と1週間に3回スポーツクラブに通ったことと、うちの組の試合を2回も見たこと(1回はこれから=明日見るんだけどね)。

今朝は、グラウンドゴルフの試合に行く父におにぎりを作ってあげるため珍しく6時起床。タイミングよく目覚ましが鳴る直前に目が覚めたのでそのまま起きた。(母が左腕を負傷しているのでおにぎりが握れないのであった)
で、朝食食べて皿洗って洗濯して、干し終わってもまだ9時!おかげで地元の某スポーツクラブに出かけて昼飯前に一汗流して帰ってきて、NOVA行って歯医者行って…いろいろできた。
早起きは3文の得、を実感したのでした。

明日はまたレッズの試合を観に行くので早起きした方がいいのだが…アニマックスで「攻殻機動隊」と「ジパング」をみてからJ-SPORTSにスイッチしてブンデスリーガを見てしまったので夜更かしだ〜〜。
バイエルンの優勝が決まってしまったわい、ちっ。(←バイエルンに恨みは無いけどビッグクラブが当たり前みたいに勝つのを見るのは好かないヘソマガリなので)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年5月 4日 (木)

負けたなぁ…:ジェフ千葉vs浦和レッズ

1点も取れず2点差つけられて負けたのは今季初だなぁ(スコアレスドローはある)。でもあれじゃしょうがないか。
ジェフが凄く良かった。みんなで引いてゴールに鍵をかけたわけじゃなくちゃんと攻めていたし。
パスは通らないし、クロス上げても跳ね返されるしこぼれ球も拾われるし、何か凄く大きい黄色い障壁があちこちに立っているみたいだった。
レッズがやるべきことを全部やられてしまった(しかもレベルもちょっと上のところで)、というべきか?

こないだ清水に負けた時は運が無かったという感じが大きいけど、今回は完璧に負けたって感じ。
昨季も引き分けや負けばかりだし、今のレッズにとって一番の天敵はジェフかもしれない。

でもジェフのサッカーは好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年5月 1日 (月)

‘サムライ’マリッチ

さいたまダービーについて書くつもりだったけど、試合そのものは、今季だけでも既にこれよりもっと面白いのがあったと思うし、積極的に書く気にならない。雰囲気は特別なものがあったかもしれないけど…。

そしたら天皇杯を花道に退団した元クロアチア代表トミスラフ・マリッチの最新インタビューに遭遇した。いいインタビューなのでよかったら行ってみて。
クロアチア在住の通訳/ジャーナリストさんのHP内にあるクロアチアサッカーレポートの記事です。

http://homepage2.nifty.com/hrvgo/report/maric.htm

風邪引いたのかちょっと体調不安なので長文回避。
ひとつだけ。マリッチは大宮からのオファーもあったのだけど、日本ではレッズ以外のクラブではやらないと決めたので受けなかったそうだ。いいやつ、いや、漢だなぁ。
たとえこれがただのリップサービスだとしても、現実に彼は大宮には行かずにドイツの3部のクラブを選んだ(控えめに考えても日本の1部のクラブがドイツの3部のそれより待遇悪いとは思えないのだ)。ココロ動かされない話じゃないよ。
やっぱりマリッチは、記録ではなく(浦和サポの)記憶に残る選手だと思う。
彼の移籍先(TSGホッフェンハイム)を応援したくなったぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »