« 負けたのが良薬?:浦和レッズvs鹿島アントラーズ | トップページ | 京劇「楊門女将」 »

2006年5月21日 (日)

友あり、遠方より…

長いこと音信不通だった友人から久々に、手紙がきた。
ネットで別の友人のHPの掲示板のログから私の書き込みを見つけて、再度コンタクトとってくれたという。
私も、正直なところ最近は年賀状送付先リストからはずしてしまっていただけに、再度お便りもらったのは嬉しい。彼女の住所は変わっていないので、とりあえずこれまで出したはがきは届いていたのだ、よかった!
いろいろあったみたいだけど、説明してくれてまた手紙くれただけでいいよ。音信不通のまま全くふっつりの人も多いことを考えたら、これはほんとに嬉しい。
私も昔はマメに手紙魔やっていたのに最近はめっきり筆無精(メールでも同様)なことを考えると自然消滅的に音信不通になる人をどうこう言えないのだ。

コミュニケイトし続けるというのも難しいもんだとつくづく思う。今みたいに技術的に連絡取るのが簡単なはずの時代になって、かえって人と距離を作ってしまっているのはどういうことだろうか?
用事が無くてもメールしなくちゃダメ?
無理に話題を作って話をすると言うのもツラいもんがあるけれど…。
とりとめない話をするのは好きなクセに←自分。

|
|

« 負けたのが良薬?:浦和レッズvs鹿島アントラーズ | トップページ | 京劇「楊門女将」 »

コメント

携帯でしゃべるのは苦手な私みたいなのは依存症にはならないかな?殆どメール作成用具みたいなもんですね、私のケータイ。
あと単純に携帯は聞き取りにくいので苦手です。ちょっとでも周りで音がしてると聞き取れなくて何度も聞き返す羽目になるし。人ごみの中でも全然気にしないでフツーにしゃべっている人が信じられないんっすよ。私の携帯、確かに古い機種だけど。新しい機種に買い替えれば解決する?
ところが家にいても携帯の方がよく聞こえるといってわざわざ携帯で電話かける人もいるっていうからますますわからん…
道具としては確かに便利なので、持ってるんですけどね。で、普段から使い慣れていないと、いざという時にも使えない(大地震の時なんか公衆電話探してる余裕もないはず…)から、ときどきは通話にも使うと(笑)

投稿: 如月 | 2006年5月24日 (水) 01:27

携帯依存症ってのは確かにあるみたいです、若い子は特に。もう中学生になるとほとんどの子は携帯を持ってるみたいですけど、友達間でモメることも多いみたいですね。うちの姪に持たせる時も考えましたけど、かえって持ってないと仲間外れにされる事もあるみたいだし(遊ぶ連絡取れないとか話題についていけないとか)安全の為にも一応持たせてますが。携帯がない時代は家に電話するしかなくて、それはある意味子供の友達が誰か把握出来る事でもあったんですけど、今は子供の口から聞かされない限り、友達が○○ちゃんでとかわからないんですよ。うちの子はまだ話す方なのでわかりますが。なので、今日みたいに子供が行方不明になっても普段誰と仲良くしてたかとか親は知らないってのも不思議ではないみたいです。便利になるのもなんだかな~って感じですね~。私も転職を期に持ちましたが(それでも世間よりは遅れて)、わずらわしさから解約しようかと思う事しきり :)。ま、基本料金だけですむ頻度なので車を運転する事もあって緊急用に持ってますが。あったらわずらわしい、無ければ不便・・・どっちを取るかかな。

投稿: Mu~ | 2006年5月22日 (月) 12:00

>Mu〜様
緊急でいつまでに返事下さい、ってはっきり指定されている時は別だけど、返信はのんびりしてる方です、私も。そうなると、相手もそれでイイと思うのか、こちらからメールしても特に指定しない限り返信はのんびりってことが多いです。
私の場合文面をきっちり考えてしまうので、時間がかかる。一応入力し終わっても読み直して修正することも多いのでよほどの緊急要件でない限り受信して即効で返信するということはまずないです。
携帯メールだとメール1通の文字量が限定されるので推敲に余計時間がかかることもたびたび…こういう使い方って本来の携帯メールの用途とは違うんでしょうけど、基本的に紙に書くメールと同じと考えているので、スピードは最重要ではありません…ってのもやっぱりあくまで私の事情なんですよね。紙だろうと電子だろうとメール返信は早い方がいいのは確かですが。折に触れてそれとなく説明しておくべきか。携帯メールの場合言い訳に文面費やすのも容量の無駄になることがある…っつーかケータイでそんな長々したメールやるなよってことかなぁ。(私はケータイコンプレックス)

>YUMIKA様
びんせんが…うちにもたくさんあります。ロック同人のとか(笑)。今となってはどうにも使いようがないけど、あれも「作品」なので、粗末にはできないんですよね。みんな個性的ないい絵を描いてましたから。

ずっと年下の、それこそものごころ付いた時から携帯あって当たり前みたいな若い子になると、大して要件なくとも毎日誰かにメール打って返信がすぐ来ないと不安になるとかいうコが多いとか(実態は知らないけどマスコミ報道なんかを読むとそういうことになるらしい)。そこまで行くともはや依存症という気がするんですけどね。

投稿: 如月 | 2006年5月22日 (月) 02:23

私も昔は手紙魔でしたが最近はめっきりなもので、いつ買ったかわからないようなレターセットがいまだにありますよ。
でも、気に入って買った物ばかりなので、今でもちゃんと使っています。あまりにデザインがお子ちゃまっぽいのはやめてますけど(笑)。

無理に話題を作ってメールというのも確かに考えちゃいますね。いかにも義務っぽくなってしまうのも自分でヤだなーと思いますし。

投稿: YUMIKA | 2006年5月21日 (日) 16:09

どこに住んでいてもオン・タイムで連絡が取れるという状況に甘えてしまうのは事実ですよね。昔はそれこそ手紙が着くのに航空便でも5日以上はかかってたのに、だからこそ忙しくてもマメマメしく手紙書いてた。ワープロの前は手書きで!メールって頻度に個人差があるんですよ。すぐ返信くれる人もいれば、1ヶ月以上かかる人もいる。すぐ返信が欲しい側は、何で返事くれないんだろうとあれこれ考えて悩むんですけど、遅いペースの人はあまり重要に考えてなかったりする。そこでちょっとした摩擦があるのは事実ですよね(特に付き合ってる男女間で)。ま、長く音信不通でも連絡取れた時に昔と変わらず話が出来れば、頻度は関係ないかなって思います。携帯メールは便利故の付き合い方の難しさを感じる時もありますけどね・・・。

投稿: Mu~ | 2006年5月21日 (日) 10:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106595/10163332

この記事へのトラックバック一覧です: 友あり、遠方より…:

« 負けたのが良薬?:浦和レッズvs鹿島アントラーズ | トップページ | 京劇「楊門女将」 »