« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月29日 (土)

ささやかな抵抗

新しい代表の初試合の日(8月9日vsトリニダードトバゴ戦)に行動を起こす人がいる。
私もささやかながら意思表示はしたいので、下のバナーを貼ってみました。

ほんとはブログのトップ画面内に貼りたかったんだけど、どうやってもうまく表示されないので、記事の方に貼っておきます。
実はこれ古いバージョンで、今はちょっと違う絵柄になっているんだけど、個人的にはこの絵柄の方が好きなのでこっちを使わせてもらいます。
リンクも設定しました。行ってみて下さい。

あとこちらにもどうぞ。ここで展開される意見や議論、かなり参考になります。(私はROMばかり)

http://www.geocities.co.jp/Athlete-Acropolis/6591/

たかがこれだけですっかり疲れ果ててしまった…他のことはまた次回。

Kawabuchi_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年7月17日 (月)

日常生活に戻れ…ているのか?

6月最終週から派遣先変わりました。
現在は都内王子の某医学医療関係専門誌メインの制作会社に勤務中。
ここは前の会社と違って情報管理が厳しくて(最新の医学関係情報を扱うから)、社内では必ず名札をつけておく(これが無いと不審者扱い)とか、よぶんなゲラはシュレッダーにかけて残しておかないとか、作業継続中の原稿は退社時に倉庫にしまうとか、細かい決まりがある。前の会社がかなりおおらかというかルーズだったのでちょっと新鮮な感じ。
時給が上がらないのがつらいとこ。
(金利ゼロ政策やめたところで、預金金利が早く上がって欲しい…うううせちがらい…)

W杯が終わって1週間になるんだなあ。
もう、というかまだ、というか、人それぞれだけど、私にはなんだか遥か昔のことのような感じがすると同時に、決勝戦のジダン問題が未だに一般ニュースにも登場するのを見ると、後味の悪さだけは継続中、という気がして、あんまり楽しくないですね。
大会期間中も後半になると寝不足がたたってか、目覚ましかけても起きられなかったり、起きても半分以上寝て起きての繰り返しだったりで、殆どの試合をまともにリアルタイムで見られなかったために、個人的な気分は日程が進むほど盛り上がらなくなった。

加えて日本代表監督問題やら中田引退やら…肝心なことをほったらかして(主にマスコミが)騒いでいる状態が大会中からこれも継続中なのでちょっとげっそりしている。
中田君の引退すら、余りのタイミングの良さ(悪さ?)を思うと、目くらましのための陰謀の一環??なんて考えてしまうのが我ながらイヤ。
そこまで勘ぐりたくないけど、あのタイミングで自ら引退発表したことが、ドイツW杯GL敗退の原因追及や前代表監督の評価問題から世間の目をくらますことになおいっそう貢献していることは明らかだと思うので。
この辺の話題については、あちこちのサイトやブログをはしごしていろんな意見を読ませてもらっているので、参考になるのはいいんだけど、どんどん自分の意見が埋没していくような危険も感じるので複雑、っていったらおこがましい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年7月 4日 (火)

それでも続きます(あれもこれも)

決勝トーナメントに入ってからは眠気に負けて後半寝てしまって目が覚めたら次の(遅い方の)試合のロスタイムだった、なんて日が続いてる。やっぱり日本代表のGL落ちが微妙に観戦モチベーションに影響してるのかな。
ドイツが勝ち残っているのは嬉しいけどサッカーはドイツより面白いアルゼンチンがいなくなったのは残念…で、今回のブラジルがベスト8で負けたのはあんまり残念じゃない(もともとブラジルのシンパじゃないし)。
準決勝まで早寝して睡眠不足解消を、と思っているのに毎日サッカーサイトをはしごしているので結局寝るのは2時過ぎ…W杯終わってないのに次期代表監督問題やら中田ヒデの引退やら、今回の日本代表のていたらくの責任追及や敗因の分析という大問題をケムにまくような事態ばかり進行中なのには困ったもんだと思う。いや中田君の引退は別問題だけど、彼のプロ最後の試合がアレっていうのはファンでなくともやっぱり残念でしょう。

私はオシム代表監督歓迎♪なんだけど、あちこちのブログなど読み回っているうちにジェフサポのみなさんの気持ちはいかばかりかとやるせなくなってしまった。うちの組の優勝を阻止するチームがいるとすればジェフかもしれないと思っていたのに…W杯前のリーグ戦でジェフに負けたときも、ジェフのあのサッカーじゃ仕方ないかと思ったのに…オシム御大と一緒に優勝したかっただろうなとヘンに感情移入してしまってジェフサポに嫌がられそう(幸い?私の身近にジェフサポはいない)。

ずっとジーコ監督には懐疑的だったけど、いろんな人があちこちで心配していたことが、一番肝心なW杯で最も悪い形で現実化してしまったのはコワいくらいだ。
やっぱりレベルが高いとはいえないアジアの真剣勝負(アジア杯)でやっとこさ勝つようなチームが、欧州の格上国代表との親善試合程度でいい試合をしたからって強くなるはずが無かった。某ジャーナリスト氏が言っていたように、世界との距離を測り間違えた、勘違いしたんだよね、みんなして。
そういう意味ではみんなの責任だしみんなの問題、戦犯探しは意味が無い、ともいえるけど、あの監督を選んだやつはやっぱりそれなりにオトシマエをつけて欲しいというのは決して理不尽な要求じゃ無いはずだっ!!ジーコ監督の退任挨拶も今さらそれを言うか!?とか、そんな他人事みたいな言い方するな!とか、ツッコたくなるコメントばかりでどうしてもリスペクトできないんだよ…
エキセントリックでいかにも扱いにくそうなヘンなおっさんだったけど、きっちり仕事をして去っていったトルシエさんばかりが(一部のその筋のヒトから)どーして悪しざまに言われるんだろうな?ジーコ監督の日本代表よりずっと面白かったのに…素人にはわっかりませ〜ん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »