« ああ恥ずかしい | トップページ | 忘れ去られる恐怖(笑) »

2006年8月31日 (木)

政治家のパーティー

…というものに初めて行ってきました。
某自治体の議会議長就任をお祝いされるおじさんが長年付き合いのある親戚の人で無ければもちろんそんなとこに行く気はないし機会も無い。

会場は都内の某ホテルの宴会場。所属政党の国会議員やら後援会の幹部やらにまじって出席した来賓の中で一番知名度が高いのがTVでお馴染み某大臣KY。一番お話が旨くて、なおかつ話の中身があったのがこの方だった。

それにしてもやっぱりというか、政治家のパーティーってダサい(ひそっ)。
会場見回してもいるのはそのへん(=選挙区)のおっさんじいさんやおばさん、おばあちゃんばっか。若いもんはそれこそ当事者の親戚筋(私は一応おばさんだが、いとこたちはもっと若い)か、大学の後輩らしいスタッフくらい。
始まるなり来賓の挨拶がえんえんと1時間も続き、乾杯の頃にはビールがすっかり生温くなっていた。ちょうど夕食の時間に当たりみなさんお腹が好いていたと思うんだけど。しかも立食形式なので、全員座れるわけじゃない。来賓のエラいさんたちは座っていられるからいいけど、金払って来てくれた庶民の、それもご高齢の方々にも立っている人はいるのだからもうちょっと気を使ってプログラムつくればいいのに。さらにいえば会場内禁煙じゃないので、まったく周囲を気にせずたばこをふかすおじさんも当然、いた。ああダサっ。でもこんなん珍しくもないことなんだろうな。(幸い空調は良いらしく、あまり煙草の臭いがこもったりはしなかった)
こういうダサい集まりを実際に見ると、小泉首相が新鮮でかっこよく見えるのは無理からぬものがあるなぁとヘンに感心してしまった。

もともと政治家志望だったわけじゃない(はずの)おじさんがなぜ政治家センセイの仲間入りをしたかは、いくら親戚とはいえ私には預かり知らんこと。地元で商売していたから、地縁血縁しがらみ浮世の義理といったものがいろいろあったのだろうけど。

仲の良い親戚レベルでは、こういう機会に一同集まろうという話になっていたので、パーティー後は親戚身内だけのプライベートなおしゃべり会。
プロのイベントプランナーに相談して金のかからない盛り上げ方を考えた方がいいんじゃない?とおじさんの息子たち(秘書でも何でもない一般市民)に意見を述べておいた。

|
|

« ああ恥ずかしい | トップページ | 忘れ去られる恐怖(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106595/11708426

この記事へのトラックバック一覧です: 政治家のパーティー:

« ああ恥ずかしい | トップページ | 忘れ去られる恐怖(笑) »