« 新年早々おめでた過ぎ | トップページ | 苦行の季節始まる »

2007年1月20日 (土)

思いがけない再会

と言っても名前を見たというだけなんだが…

いつも見に行くサッカーサイトで取り上げられていた某書(原本はドイツ語)の翻訳者のコメント。内容も興味深いんだけど、その翻訳者の名前にびっくり。昔ドイツでさんざんお世話になった友人と同じではないか!
最近めっきり没交渉になってしまっていて、正確な現住所も知らない。私の知ってる昔のメルアドは無効になっているのでメールも出せない。
これで友達と言えるのか?そういう人は実はたくさんいる。別に喧嘩したわけでもないのに、いつの間にか疎遠になっている、ご無沙汰している。
私も悪い。特に用事がないと全く便りをしないし、ちょっとお互いの趣味にズレが生じると頻繁に会う口実もなくなる。自分でも残念だとか寂しいと思ってはいるのに、実際には何もしないからいけないのだ。忙しいなんてのは口実にもなりはしない。忙しくたって会う人には会っているんだから。
(友達だからってしょっちゅうベタベタ一緒にいる必要はないとも思ってはいるけど…)

しかし同姓同名ということもある。仕事帰りに書店に寄り道。その本の巻末で翻訳者プロフィールチェック。これで確信した。別人ではない。間違いなく彼女だ。
本も買ってしまった。まだ読み終わっていない。
でも彼女の近況が分かった。
10年余前、ドイツのHM雑誌に載っていた好きなバンドのインタビューを読みたくて当時既にドイツ語に不自由していなかった彼女に訳してもらったものだ。それ以外にも彼女には足を向けて寝られないほど世話になったし迷惑もかけた。いくらお返しをしてもし足りないくらいだ。
その彼女がプロの翻訳者になって立派に仕事をしている。
人は人、自分は自分だ。しかしついそんな彼女と自分を較べて「なにやってるんだろワタシ」とちょっぴり自己嫌悪してしまう自分がいる。

|
|

« 新年早々おめでた過ぎ | トップページ | 苦行の季節始まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106595/13580807

この記事へのトラックバック一覧です: 思いがけない再会:

« 新年早々おめでた過ぎ | トップページ | 苦行の季節始まる »