« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月24日 (土)

代官山でWiLDHEARTS

※2月19日のUNITでのライヴ翌日に途中まで書いたのだけど、残業続きでぐうたらしてるうちに今に至る…手直ししてアップします。

彼奴らに足を取られて転んで(なんてのはまだ優しい表現。生姜のくそおやじに耳を引っ張られて地面に激突した、でもまだ生ぬるい)からもう10年以上。息の長い付き合いだ。彼奴も私もそれぞれにアップダウンがあって今に至り、それでも彼奴らはバンドをやっていて、ちゃんとレコードも作って出して、私は細々とブログなんぞやっている。
彼奴らは、何度めかもう私にははっきりわからんけれど、また今年やってきてライヴをやっていった。私はその中の1回だけ観に行って、正直行く前は気が進まなかったのに、行って、観れば、やっぱり来て良かった!と思ったのだ。ああ生姜の思うつぼ(?)。

サポートはGingerのバンド(ちゃんとしたバンド名があるのか、Ginger自身のソロプロジェクトなのか厳密にはわからない、私には。最近のWH周辺情報には全く疎いので)。“In The Mood”みたいなスタンダード・ナンバーのカヴァーもやったりして、ちょっとレトロで渋くてかっこいいロックンロール!
Ginger、WHの時より歌上手い…ように聞こえたのは私の耳が腐っているのでしょうか?

そして、WH。良くも悪くも昔と変わってない。
一旦演奏が始まったら後は歌う、踊る、暴れる(笑)、首も振る…楽しいっ!!これこれ、これなのよー、ライヴでしか感じられない何か−言葉では説明できない−があるのよね。

(少なくともライヴでは、演奏者の変更がWHの音楽を大きく変えることはないって断言します…もちろんそれはあくまでGingerあってこそ、なのは言うまでもないことだけど)

初めて彼奴らのライヴを観て以来、ファンとしての私の心境もずいぶん変わった。普段は音楽そのものもあまり聴かなくなっているし、初来日の時ほどハイな状態にはもうなれない。それでも、ライヴになれば、その場に居れば、そして受け止める気持ちがあれば(つまりそれを、今では‘参戦’と呼ぶのですね。ライヴのお地蔵さんは傍観者で、参戦していないと…サッカーと同じだ)、ただのノスタルジーではない、昔と変わらない‘何か’を感じさせてくれる。私もいろんなバンドを聴いて、好きになったけれど、こういうバンドは珍しい。

彼奴らも一度は‘終わった’はずのバンドだ…でもそれもこちらの勘違いなのかもしれない。彼奴らを誰よりも‘解散’させたがったのは本国のマスコミの方だったのだし(大笑)。‘復活’したとかどうとか…もうそんなこともどうでもいいんだ。Gingerがその気になればWHは動く。そしたらこっちも動けばいい。少しでもその気があればライヴにも行けばいい。騒がない、慌てない。WHは逃げない。
そんなふうに考えてしまうのでした。(こんなバンド他にはない、少なくとも私には)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年2月12日 (月)

苦行の季節始まる

第一土曜日に今年初めて耳鼻科に行った時にはたいした症状は出てなかったのに、先週の水曜日から突如悪化しました→花粉症。

火曜日に22時まで残業した後からおかしいなぁと思ってたら翌朝見事にへろへろに。毎年この季節恒例の風邪とごっちゃになったような症状になってしまって体の節々が痛いし、頭は重いし鼻は詰まるし…でも熱はない。
とりあえず今抱えている分の仕事だけでも終わらせようと1時間遅れで出勤して、何とか片付けて16時早退しました。その後は毎日定時退社で、この連休は耳鼻科と近所に買い物に行く以外はおこもり状態です(泣)。
金曜日の夜からは咳がひどくなってきたので耳鼻科の先生にきいてみたら、花粉症でも咳は出るそうです。口が乾燥するから。
よって現在は水っぱなとくしゃみはひどくないが、鼻づまりが半分と咳がひどいのが主症状というちょっとミョーな花粉症患者かも。(あ、起き抜けは頭も痛かった)目の症状も特にひどくなってないので、やっぱり風邪とまじってるかもしれません。

バレンタインのチョコレートを買いに行くのを楽しみにしてたのになぁ…もちろん自分用です(きっぱり)。普段食べないチョコを食べるのが楽しみなの。それとパッケージのきれいなのを見るのも好き。

明日はANGRA+BLIND GUARDIAN行こうと思ってたけどどうしよう。友達が来るから行きたかったんだけど…

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »