« 二都物語Vol.7 | トップページ | 二都物語Vol.9 »

2007年6月26日 (火)

二都物語Vol.8

「雑記」3

4.食事
本文中にも書いたけど、なぜか今回は旅行中お腹の調子がいま一つでした。
重大な体調不良なら一日寝て過ごす、というのもありだけど、それほどのことではない(腹痛や吐気の類は皆無)ので、外出は普通にして、食事を控えめにすることになる。あまり脂っこ過ぎるものは食べないとか、なるべく消化のいいものを食べるとか…しかし、消化のいいものと言うとお粥とかうどんとかグラタンしか浮かばないのにここにはそういうものはない!
大きなお肉、山盛りのポテト、1切れが日本の常識的サイズの1.5倍〜2倍のケーキ…いつもなら大得意で1皿平らげることもできるのに今回は極力避けた。するとろくなものが食べられない…
でもお腹はちゃんと空くから困るのだ。

1回だけ、薄味のおつゆでうどんが食べたくて、いつもならあえて行かない日本料理店へ。「地球の歩き方」に載っていた、ベルリンのクーダム近くの安めのお店で鳥うどん。ゆで鳥がのっていると思ったら揚げ鳥だったのはちょっとだけ閉口。おつゆは関西風で美味しかったけど。

旅行後半(ドレスデン)にはよくなってきたので、開き直ってお昼にブリュールのテラスのカフェでカリーヴルスト食べたり、聖母教会真ん前のカフェで豚肉の焼いたの(ザクセン風らしいけど詳しい名前は忘れた。裏ごしポテトとザワークラウトが付け合わせ、ソースが濃厚でしまいにゃ持て余した)を食べたりしてた。

いつもグルメ旅行をしているわけじゃないけど今回はまた格別に食事が貧しかったのが心残り。焼きソーセージは食べなかったし、ケーキは1回しか食べなかった(甘党なのに…わびしい)。

最終盤、空港でいよいよ帰国便に乗る頃になってムショーに焼きソーセージが食べたくなったのは我ながらアホだなー。

海外でのディナー定番(笑)中華料理はベルリン、ドレスデンで各1回づつ。
ドレスデンで入った中華屋では珍しくハーフポーションのチャーハンがあったのでワンタンスープとともに注文。ハーフと言っても結構ボリュームあり(日本ならこれでも1人前より多めなくらい)、ワンタンスープは薄味で美味。ほっとしました。

5.ドイツ鉄道
87年に初めてドイツに行った時は、DB(ドイツ国鉄、統一・民営化後はドイツ鉄道)は遅れない、スケジュール通りで助かるなぁと感心したものだった(行ったことはないが南欧の鉄道はきくところによるととってもアバウトらしい…)のに、その後は渡独する度に遅れが目立つようになり、今回も乗った列車(ICE・EC)が遅れなかったこと無し。まあ2時間、3時間も遅れるわけじゃない、せいぜい20〜30分ってところなんだが…
帰国日にドレスデンからフランクフルトへ移動した時乗ったICEが今回乗った中では一番遅れた。始発のドレスデンHbfを発車した時は定刻だったのに、途中フルダに到着する前にノイキルヒェンで約20分も停車。アナウンスはあったけどドイツ語なのでわからん。(車内放送は英語でもやってくれるけれど、ドイツ語で喋ったのと全く同じ内容を喋っているわけではない−−乗り換えなど細かいことは英語では喋ってくれない−−)フランクフルトHbfに着いたのは定刻より30分前後遅れていたのではないだろうか。お詫びのしるしか、ホームで乗客に飲み物(紙パックのソフトドリンク)を配っていた。こういうの、初めて見ました。

(まだ続く…かも)

|
|

« 二都物語Vol.7 | トップページ | 二都物語Vol.9 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106595/15543498

この記事へのトラックバック一覧です: 二都物語Vol.8:

« 二都物語Vol.7 | トップページ | 二都物語Vol.9 »