« iTunesって… | トップページ | きんきょー »

2009年10月28日 (水)

20年後のRIOT

近年にしては珍しく予習(アルバム聴いて歌詞読んで!)までする気合いの入り方で出かけたが、会場には百万倍気合いの入った方々がいて顔色なし←アタリマエ
今回マイ・ポジションはMark Reale側柵のすぐ後ろ。柵の前にいたお兄ちゃん+おじさんズがほとんどツバキハウス状態で、面白…もとい楽しかった。スラドミほどには混んでなかったので適度な空間が首振りにちょうどよく、心置きなくヘドバンできたけど、もう昔のようには…まだちょっと首の後ろが…coldsweats01

しかし私はRIOTのシンパだったわけじゃないんだよね…好きなのはアルバム『Thundersteel』『Privilege of Power』限定で、後は誰でも知っている定番ナンバーしか知らない、にもかかわらず今回のライヴのセットリストで全く知らないのは新曲1曲だけ。上記2作リリース当時の来日公演(89、90年)を観ているので、ひょっとしてRIOT史上一番良い時の姿をリアルタイムで観た幸運な奴だったんだろうか自分。そしてそれを今また観ることができたと…うれしいweep
RIOTのファンでなくとも、良い意味でヘヴィ・メタルにこだわる人なら観るべきライヴ、と思う。もちろん私も観てよかったと思ってる。

かつてはLAメタルばりのルックスだったTony Mooreはすっかりメタボなおじさん化。でもハイトーンはまだ出る。ときどきうっアブない、と思う瞬間もあったけど、おおむねハイトーンシャウトできてた。
昔とちっとも変わらずひょろっと細いMarkも髪はズラだという話を聞いたような気がしますがほんとなんでしょうか。まぁそんなことはどうでもよろしい。

‘On Your Knees’でホーンセクションがすっぽり抜けてたのが物足りなかったけど、それも全体としては些細なこと。

Bobby Jarzombekのドラムがとにかくすごかった。特に新曲やった時にはいきなりドラムの音が前面に出て、というか出過ぎてヴォーカルが引っ込んで聞こえたのはなんだったんだろう。個人的にあまりドラムソロは好きではないんだけど、彼のドラムソロは観ているだけで面白い。肩から指先まで柔らかく鍛えてあるんだろうな、あのさばき方(ひたすら感心)。

細かいことはこのくらいにして。

今回、あらためて自分の好きなRIOTを確認。
昔のジャーマン・メタル・バンドのような歌メロに対して歌詞を妙にぎこちなく(?)載せたヴォーカルやクサいユニゾンのギター・ソロと、フュージョンばりの複雑なリズム変換と展開とガリガリのリフとが絶妙に共存しているとこが私的ツボにハマるheart04
ことに『Privilege〜』で、ホーンセクション+ファンキーで粘っこいヴォーカル付ブルー・アイド・ソウル型の曲をかっこ良くやって聴かせてくれたことにRIOTへの距離を近くした。新作アルバムでああいうのをまたやってくれればいいのになconfident

これで果たして私がRIOTのファンになったと言えるかどうかはわからない。
相変わらず『Thundersteel』『Privilege of Power』限定でしか好きとは言えないかもしれない。
そうだとしても、近い将来再来日公演があるならたぶん−95%以上の確率で−行きます。
(絶対!と断言できないところがやっぱりファン未満)

|
|

« iTunesって… | トップページ | きんきょー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106595/46585397

この記事へのトラックバック一覧です: 20年後のRIOT:

« iTunesって… | トップページ | きんきょー »