« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月27日 (日)

Webデザイナー検定2級合格

昨日メールで通知があったので、公式HPで合否確認しました。
自己採点で誤答数がビミョ〜だったので覚悟していたら『合格』!
同じクラスで15問間違えて不合格だったという人がいるので、13問間違えた私はギリギリセーフということか。肝に銘じますthink

年賀状は昨日投函しました。なんとか元日に届きそう。
喪中の方には年賀状は出しませんが、自前のグリーティングカード送りました。

14〜22日は単発の仕事で、6月まで行っていた派遣先に再び出勤。社員さんが一人やめたところで臨時に人出が必要になったらしい。
やめた社員さんは名前も顔も知らないので、私が契約満了でやめた後で入って、半年もたずに辞めたってことか。まあ人それぞれ事情があるだろうけど、特別な事情がなくてももたなくて当然って気がするからなぁ。私がいた間にも若い社員さん何人も入れたのに、半年弱ぶりに行ってみたら残っているのは2人だけ。入ったと思ったらすぐ来なくなった人もいたし。私も派遣だから我慢できたけど、そうじゃなかったら…(以下略)

20日からはDTPエキスパート試験対策講座に入りました。
DTPエキスパートは難しいと聞いていたけど、1回目の授業で、試験前にのんびりできるのはこの年末年始だけだからゆっくり遊んどいて下さい、とおどかされた。
いわく、休憩時間はさんでトータル4時間で700問解かねばならないとか(Webデザイナー検定は2時間で約50問…ひえっ)、各カテゴリーごとに正答率8割でないと合格できないとか、コワい話ばかり。ペーパーテストの後に実技試験(作品提出)があるし。本試験前に統一模試もあるんだよ〜…まるで(芸術系)大学入試じゃねえかcoldsweats02

20日の午前中授業のあと、池袋西武別館の萩尾望都原画展へ。
日曜だから覚悟してたけど、やっぱり混んでた。なぜか皆さんまんが原稿の前では「見/観る」だけでなく「読んで」しまうようで渋滞(?)してしまうのねcoldsweats01おかげでカラーイラスト原稿の前は比較的空いていてゆっくり見られたくらい。
(全くデジタル化されていない手描きの)カラー原稿は子供の頃から憧れの的。萩尾さんのカラーも感涙・感激・感動的。かつて自分が描きたかったもの(…そして今ではほとんど描けないもの…)を描いている。それだけで尊敬。
淡い色、濃い色、鮮やかな色、パステルカラー…作品によって使う色は違うけど、それぞれのバランス、色遣いに脱帽しました。

私はこういう漫画家さんの原画展ではなによりカラーイラスト原稿を見たい。
乱暴に言ってしまえばモノクロのまんが原稿は、「読む」ための作品本編を印刷するための版下でもあるので、自分自身がプロもしくはプロ志望の漫画家でなければじっくり見る必要は無い。作品を「読む」ならコミックスでも文庫本でもいい、そっちを「見る」べきだから。
でもカラー原稿はこういう機会でないとじっくり見ることが出来ない。だから、今回はその点では十分堪能させてもらった。「ポーの一族」シリーズやそれよりさらに古い原稿もあって充実度も高いのでは?萩尾さんの初期の絵柄はむしろ少年漫画に近いというのもちょっとした発見(ていうほどのもんではないかな)だった。直接手塚治虫作品に影響、というか衝撃を受けた世代だからかな……

※私も横山光輝の「水滸伝」に一種のカルチャーショックに近い衝撃を受けたクチなんだけど、プロになろうという決意には足りなかったところが凡人よねsweat02←これは余談

公式カタログもカラーイラスト満載でうれしい。けど、不満をあげるとすれば、人形作家や劇団の記事(役者のプロフィール等)は要らない…その分イラストをもっと載せてくれた方がよかった。こっちは萩尾望都作品を見たいのだ。お芝居のプログラムを読みたい訳ではない。
ええ、これってほんとに個人的なわがままだと思う。会場にディスプレイされていた小物やお人形や舞台の小道具にしても萩尾作品と関係の深いものだし、作家自身が演劇好きで自ら演劇に関わっているのだから、私ごときが文句言う筋合いなどこれっぽっちもない。
ない?のかな?ほんとに?うーん…自分でも、このささやかな違和感や不満を上手く言い表せない。
はっきり言えるのは、私は萩尾望都作品にインスパイアされたお人形やお芝居ではなく、作品そのものと向かい合いたいからここに来てるのだ。だから、余分なものを見せられた、という感じがどうしてもある。お人形なら会場の雰囲気作りのデコレーションの一部として見ることは出来る(それでもイメージ違うなと思ってしまう。これは私の持っているイメージと違うだけなので、他の人はまた違う印象や感想があるだろう)が、劇団の舞台に使う小道具や衣装の展示や、カタログ記事は…役者の顔写真入れてまですることかな、と。
舞台に関しては、あれだけの展示で、‘舞台化された萩尾望都ワールド’とやらを実感できない。個人的には興味もてないし観に行ってみようという気にもならなかった。作者としてはこういう演劇にも興味持ってくれればいいな、くらいの気持ちだろうし、それは理解できるのだけど。ただ、作者が演劇好き、ってのも個人的なことで、まんがの読者(=ファン)には関係ないよね…

基本的にまんがとして完結した作品を他の手法(特に文学や舞台や映画などの実写化)に置き換えて表現することにほとんど期待していない私(=アナログまんが至上主義?)の狭量さに由来する不満とは言えます。些細なことかもしれないと思いつつ、どうにも引っかかって消えない違和感なので書いておきます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2009年12月12日 (土)

試験結果発表待ち

今さらですが、約2週間前の11月27日はWebデザイナー検定でした。

受験前1週間は半ばおこもりで受験勉強体制。
自分なりにやれるだけやったつもりだけど、ふたを開けたらやっぱり難しかった…

つーか引っかけとしか思えないような設問がぽろぽろ出て来て思い切り迷わせられた。
WebとDTPの微妙な用語解釈の違いにひっかかったり。
著作権に関する問題では、選択肢がどれももっともらしく思えて選択に迷ったり。

現在解答が公式HPにアップされているはずなので自己採点はできるけど(実はまだ見てない)、結果発表は試験後約1ヶ月。

もうちょっと早くしてほしいもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年12月 5日 (土)

さいスタ最終戦

今年の蹴球ライヴも今日が最終。

3連覇目前の鹿島に勝って終わってほしかったweep
良い試合やってたと思うけど、どーしても1点が取れないっ。あー惜しいっ!!こればっか。

他会場の途中経過が気になる。2位川崎は柏にリードしてる。得失点差は川崎の方が大きいから、引き分けでも鹿島の優勝はない。負けなければ鹿島を引きずりおろせる。のに、結局鹿島がきっちり1点取って手堅く勝つんだもんなぁ…。

今憎らしいほど強いのは鹿島だけ。浦和をビッグ・クラブだなんて恥ずかしいから持ち上げないで。
あんな甘ちゃんな浦和が‘ビッグ’なわけないでしょが。実際今年は客も減ったし。今日も前売ソールドアウトのはずなのに空席が結構あったよ。天気が悪いせいもあるだろうけどさ。

そりゃ、今の浦和は万年最下位候補だった頃と較べりゃ毎年上位で優勝にも絡んでる分ずっと強いと言える。が、ドロ沼連敗中の下位チームの連敗を止めてあげちゃうようなマヌケなところが全然抜けてない。個人的にはそういうちょっとおバカでカワイイ(?)浦和が好き。でも、プロに徹するなら、そんなカワイさは克服すべきでしょう。
いつか、「下位チームには容赦なく勝つなぁ」なんて感心するようになったら、ビッグ・クラブに近づいたと言えるかもしれない。でも今はまだまだ、さっぱり、ぜんっぜん!そんなんじゃない。

体感気温氷点下で家路に付く。冷え過ぎたせいか下腹が痛い。
帰宅してご飯食べて暖まったら治った。ううむやはり心の寒さがストレスとなって腹に来たか?coldsweats01

久しぶりにテレ玉の「レッズNAVI」を見る。
フィンケ監督は6人で攻めろ、と言っているって…えーっそうなの?全然ゴール前の人数足りないよ、あ、これレッズだけじゃないけど(…代表もそうじゃない?)。

おりしも来年のW杯の組み合わせ決定。
オランダ、カメルーン、デンマークと同組。
今のままでは3戦全敗の予感がします。(過ぎた夢は見ない)

正直来年の浦和の陣容とか、闘莉王の今後の方が気になるのであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »