« 自分で自分に言い聞かせ | トップページ | 1/2失業(笑) »

2010年7月20日 (火)

暑中見舞い

またサボっているうちに梅雨が明けてしまい、慌ててデザイン変更したりしてcoldsweats01熱帯夜に見に来てもらっても、ちょっとでも涼んでもらえれば嬉しい。
ブログパーツってのも初めて取り入れ、自分で観たいと思ったのを選びました。ちなみにアムステルダム国立美術館には行ったことありません。

前回・前々回の記事にコメント寄せていただいたのにすぐレスしなくて済みませんMU~さま、サックスブル子さま。まとめてお詫びします。

W杯というと自国開催は別として、たいがい時差があるので、TV観戦は睡魔との戦い。今回も例外無く、毎晩のように睡魔との戦い、寝落ちとの闘いでありました。
日本vsデンマーク戦もアラームセットしたのに寝坊して、慌ててTVつけたら2点リードしていてびっくり。前半の30分くらいからの観戦となったので、本田と遠藤のFKはライヴで観てませんbearingちょっと残念。
vsパラグアイ戦は最初から最後まで見届けることが出来ました。負けたのは残念だけどよくここまで来たよなぁ…グループリーグ突破できると思ってなかったんだから。監督・選手の皆さんゴメンナサイ!しなけりゃならんのは私だけではあるまい。でも全然期待されていない分ヘンなプレッシャーがなくてよかったとも言えますが。
個人的にはドイツ大会のときもあんまり期待してなかったんですけど、あのときは「もうちょっと出来るかと思ったのにやっぱりこんなもんなの?」みたいな感じでした。
一番困るのは結果オーライでサッカー協会のエラいさんたちが反省しないことか。ドイツW杯後…いや、それより前からの代表監督選びの経緯とか、こんなんでいいのか!?(よくない!)ってことばかりだったから、あの調子でこれからもやられるのかと思うと…(なんでうちの代表がペーペーの監督修行につきあわされるんじゃ?っつー理不尽は忘れてない。ジーコがどうこうというより、日本みたいに発展途上の代表チームに監督としての経験・評価・実績が無い人物を据えるのは違うんじゃないの?と)
マスコミや世間が手のひら返しで現金なのはわかりきったことなので何も言わない(私もその世間の一部だから)。

日本戦以外の試合も前回よりは観てるかな。一番痛快だったのが準々決勝のドイツvsアルゼンチン。まさかあそこまで点差がつくとは思わなかった。(アルゼンチン・サポにはゴメンナサイ)今回のドイツ代表は日本代表のお手本にしたいサッカーやっててhappy01なんかうれしかったっす。スペインに返り討ちされちゃったのは残念だが、次のユーロで勝ってほしい。いや勝てるはずだ!

しかしサッカー盛り上がってないだの不安だの言いながら結局サッカーで、つーかW杯で商売してんじゃん。露骨にイイトコどりなのねangry

んで、W杯終わったからとは関係なく(いや少しはあるかも…)、「GIANT KILLING」読み始めました。選手じゃなく監督を主人公にした作品というのでちょっと気になってまして。他にも読みたい作品はたくさんあるんだけど追いつかないわ。とりあえず今は「GIANT KILLING」を。読了まだ5巻目まで。主人公の(愛称)タッツミーが何でいきなり海外移籍したのか(本人は『弱いチームを強くして強い奴らをやっつけるのがかっこいい』と説明してはいるが…ほんとにそれだけ?)、さらに若くして引退して海外で監督に転身したのか、といった経緯が謎のままなのでどこで説明されるのか、展開が楽しみであります。私もジャイアント・キリング好きだし、タッツミーみたいな一見ちゃらんぽらんで困ったちゃんなキャラのおじさん好きだし(でもタッツミーって設定年齢より若く見える)。
ただ、サッカー好きではない人が読んでもまんがとして面白いかどうか、は何とも…。
例えば、かつて水島新司の「ドカベン」や「野球狂の詩」を読んで私の野球音痴がなおったのは、これらの作品がまんがとして面白かったからだと思うのだが、「GIANT KILLING」が一般人のサッカー音痴をなおすほどの威力のある(?)作品かどうかはわかりません。そういや「キャプテン翼」はどうだったんだろ?あれほどのブームになったんだからパワーあったんだろうけど。殆ど読んでない私には分かりません。

|
|

« 自分で自分に言い聞かせ | トップページ | 1/2失業(笑) »

コメント

フェルメール来日(笑)に関しては色々あるようですが、まあ、どこまで本当かわからない、ということで。

投稿: Hattie aka おねえちん | 2010年7月21日 (水) 03:38

>おねえちん 様
いや〜私もドキュメンタリー映画の広告を兼ねているとは最初わからなくて。近年やたらとフェルメール(作品)が来日していたのはそういうウラが…?

>サックスブル子 様
そのうち…っつってもいつになるやら。誰か貸してくれないかなぁ。「シャンペン・シャワー」と交換で貸しっこでもいいけど。

投稿: 如月 | 2010年7月21日 (水) 00:56

「キャプテン翼」は小学校編しか読んでませんが
パワーは凄いありましたよsoccerhappy01
今読み直すと表現は稚拙なんだけど(失礼)
サッカー知らない子も実際にやってる子も
引きつける魅力がいっぱいで。
一読をお勧めしますよん。

投稿: サックスブル子 | 2010年7月20日 (火) 10:44

この映画知らなかったーアムステルダム国立美術館。改装してるというのは聴いていたけど、こんなことになっていようとは。(改装のおかげでフェルメールが一杯日本に来たらしい) どこの国も何かやろうとすると、色々障害が立ちはだかるのねcoldsweats01

投稿: Hattie aka おねえちん | 2010年7月20日 (火) 02:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106595/48914956

この記事へのトラックバック一覧です: 暑中見舞い:

« 自分で自分に言い聞かせ | トップページ | 1/2失業(笑) »