« 暑中見舞い | トップページ | オンデマンド »

2010年8月 2日 (月)

1/2失業(笑)

今月は仕事が暇だというのでアルバイトの勤務日半減されてしまった…おかげでいきなり今日は在宅。
またバイト探さなきゃ。その前に作品をどうにかせねば。
PCスクールの就職作品ゼミもさいきんサボり気味でさっぱりすすんでいない。
金曜日の夜に求人票見るために久々に学校行ってみたら、ゼミの常連の男の子が自分のポートフォリオを完成させて、自家製本中でした。他人の芝生もとい作品はみんな立派に見える。劣等感weep

暑いのにうっとおしい話はこのくらいで。
たまには本の話でも書こう。

まえまえから未読の方には超がつくほどお薦めしたい「風雲児たち」幕末編最新刊が出たのでこれを機会にちょっと書いとこ。
作者のみなもと太郎氏は昔少女漫画雑誌にも描いていたのでむしろ懐かしい!ってくらいの方なのですがもちろん現役ばりばりです。
「風雲児たち」は幕末を描こうとしてもとをただせば関ヶ原まで遡ってしまった!ところから始まるので、まずワイド版で20巻終了した後現在の幕末編に至って今回最新17巻目刊行となりました。今やっと安政の大獄の渦中。ワイド版からずっと読んでいると‘大河ギャグ’のキャッチフレーズの名に恥じないスケールに圧倒されます。
一番感じるのは…ビジュアルの威力ってすごい!

本作には日本史の教科書にも必ず出てくる重要人物や事件事象も登場しますが、教科書の記述ではさっぱりおぼえられないのにまんがだとすぐ頭に入るのよね…
たとえば林子平なんて教科書記述だけじゃどんな人だったのかイメージがわかないけど、「風雲児たち」を読むと…
姉が藩主の側室なので一応仙台藩士の末席。日本中を旅しながら知識を身に付け同時代の多彩な知識人と交わり、ついでに政治にあれこれ意見したので幕府に煙たがられブラックリスト入り。晩年は不遇…即インプット完了。(いちおうウラはとりましたcoldsweats01

かの有名な「解体新書」の翻訳事業のくだりも、大黒屋光太夫の漂流記も、当事者達がどれほど苦労をしたのかそのジタバタさかげんや悲惨さがよくわかる。蛮社の獄のどーしょーのなさも。

あるいは時代劇によく登場する人物のイメージがひっくり返ることも。
松平定信なんてこれを読むと名君とは思えなくなります、はい。
吉宗も名君じゃないとは言わないけど、晩年やったことはちょっとどうかなーってとこがある。
逆に田沼意次は、考え方が武家社会の倫理基準から外れていたために、悪玉扱いされた理由は分かるけど、現代の眼で見れば単なるワルではない。ちなみに今も続く北方領土問題は、直接的にはこの時代から始まっていたんですねぇ。

それから教科書には絶対出て来ないマイナー人物がいろいろ出て来て大変興味深い。高山彦九郎なんてこれ読むまで全然知らなかった!

高野長英や佐久間象山は頭が良すぎて敵を作る困ったちゃんなおじさんだったらしい、とか、
吉田松陰も頭はいいし正論を言う、でも筋が通り過ぎて困ったちゃんになってしまったらしい、とか。

最新刊では松陰君がどんどん周囲から浮いて行くさまが描かれるのですが、本人は大まじめだからおかしくて悲しい。こうやって寿命を縮めた人が幕末にはたくさんいたんだろうな…。

まんがだからデフォルメも誇張もたくさんあると思う。おちょくってるように見えるけど、‘リスペクト’あふれてます。そして作者の想像だけでは描いてない。
関連書籍もかなり読んでらっしゃるようだし、現地取材も当然行っている。出来れば参考文献を全部リストアップして巻末資料として載せて欲しいものです。

普通の書店には無いかもしれないけど、規模の大きな書店のコミックコーナーならかなりの確率で置いてあると思います。アマゾンでも買えまっせ(私は殆どこっちで入手)。未読の方だまされたと思ってお試し下さい。

※神田・三省堂書店の歴史書籍コーナーで同作者の「冗談新選組」を見つけたときはさすがにちょっと驚いたsmile

|
|

« 暑中見舞い | トップページ | オンデマンド »

コメント

>おねえちん
そーなんですってね、もしかして側を通っていたかもしれないのにぜえんぜん気付いてなかったのか?…coldsweats01
>Kaollyさま
岩倉さんのイメージもこれでずいぶん変わりました。ただの世間知らずのお公家さんのボンボンに倒幕運動出来ませんわなsmile今後の展開が楽しみです。

投稿: 如月 | 2010年8月 3日 (火) 10:17

風雲児たち大好きです!
一時資料あたりまくりの丹念さもすばらしく、何よりも歴史上の人物が健気なのがいいです。
ひとりひとりに深い共感を感じながら書いてるのがわかる。
最新刊は岩倉家の晩ご飯風景がみれてうれしかった。
あと、私も三条の土下座はナマで見て感動しました(笑)

投稿: kaolly | 2010年8月 3日 (火) 01:36

高山彦九郎って、京都の三条大橋の袂で今も土下座してますよcoldsweats01

投稿: Hattie aka おねえちん | 2010年8月 2日 (月) 21:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106595/49036656

この記事へのトラックバック一覧です: 1/2失業(笑):

« 暑中見舞い | トップページ | オンデマンド »