« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月23日 (木)

秋の美術展めぐりその3

21日、熱海・MOA美術館に行ってきました。
尾形光琳の‘紅白梅図屏風’があるので行ってみたかったheart02でもコレ常設展示してないので今回は残念ながら観られずdespair
※館内ショップの係員に確認したところ、年によって展示期間が変わるのでその都度確認して欲しいが、2月は確実に展示されるとのこと。

まあ今回は熱海の花火見物に叔母が誘ってくれたのに乗っただけなので、紅白梅図はまた次回。現在開催中の「パリに咲いた古伊万里の華」を堪能しました。

ところで。
このMOA美術館、熱海駅に近い山の上にあり(車で行けば10分かそこら)、展示フロアはオーシャンビュー。館内レストランも窓際はオーシャンビューらしいです(お昼時なのでふさがっていたため奥の席でお茶した)。
全体的にスペースをかなりゆったりとっていて、入口から展示フロアまでエスカレーターに乗って延々昇ります。ビル5〜6階分かそれ以上はあるかも。このエスカレーターホールがすごい。天井がかまぼこ状ドームになっていて、エスカレーターの動きを追うようにライトの色がゆっくり変わる。展示フロアまでの途中に円形ドームがあって、これが何とも言えず厳かな雰囲気。
タクシーの運転手さんによると某新興宗教教団の運営だそうです。妙に納得。

さて「日本磁器ヨーロッパ輸出350周年記念 パリに咲いた古伊万里の華」展。
メインは17~18世紀の海外輸出用の古伊万里磁器。中国の技術を取り入れ、模倣→独自の発展・中国磁器との競争→欧州磁器の発展・輸出衰退、と大きな時系列にそった展示と解説がわかりやすくてよかった。染付と色絵のちがいとか、競争時代の有田磁器と景徳鎮磁器のちがいとかコラム的な説明もあって親切。さらに詳細を知りたかったらカタログを、というわけです。
※ちなみに有田焼と伊万里焼は同じと考えていいようです。詳しくはウィキペディアで検索を。

展示品は圧倒的に大小のお皿が多い。輸出用なので、日本では使わないであろうワイン・ジャグ、ビール・ジャグ、チョコレート・カップとかコーヒー・ポットなんてのもあり。カップは最初取っ手無しだったので、お茶碗か湯呑みといっても通用しそうです。あまりに巨大なお皿や壷など、何を入れたんだろうと頭をひねってしまうのは現代人(のそれも庶民)目線だから?
解説によると、大きな壷や瓶は宮殿の装飾用として、欧州の王侯貴族からの注文で作られたとか。もちろん直接注文するのはオランダ東インド会社だけどね。社内用に東インド会社のマーク入り磁器というのもあり。
変わってるのは髭皿。欧州で理髪師がひげ剃りの時に使った(瀉血する時の血の受け皿にも使ったそうな…げっ)という道具ですが、2つ穴にひもを通して首にかけ、反対側をあごにあてるため半円形の切り欠きがついている。これは殆ど見たことがなかった。ドレスデンの陶磁器コレクションの中にあっただろうか?(見たけど忘れてるだけかも)華麗な色柄の髭皿はもちろん王侯貴族用。装飾用でなく日常使用品ならコレクションには入れないかも。
初期の輸出品は日常生活用品が主だったので青1色の染付ばかり。絵柄もそんなにごてごてしてない。やがて王侯貴族向けの装飾性の強い大型の色絵磁器が増える。17世紀末から18世紀初めの元禄様式の磁器は華麗でいかにも宮殿に置いて目立ちそうなのが多くて、中には空間恐怖症みたいに皿一杯に模様を描き込んだものも(こうなるとちょっとセンス悪い感じがするな)。

17世紀前半つーと中国はちょうど明から清へ代替わりする頃で、内乱状態にあったため、中国磁器の輸出が減ったから、かわりに有田に輸出用の磁器生産の注文が増えた、というのがその後の日本磁器の発展の一因。絵柄も中国ものの模倣から日本の独自性が出てきて、どんどん日本的になる。筍と竹、桜や梅・菊、富士山、女性像は日本の遊女風に。その後清朝が中国統一して安定すると景徳鎮磁器の輸出再開。市場競争になり、デザインでは評価されても、量や価格で中国製品にかなわなくなる。1757年に公式輸出終了。
18世紀後半になると全体としてアジアからの陶磁器輸出が衰退。その理由としては、マイセン磁器の発展→欧州内での磁器大量生産のはじまり、産業革命etc…そして疾風怒濤の(coldsweats01)19世紀に突入。おおざっぱに言うとこんな感じの歴史になるようです。

鎖国の時代でも、日本は確実に海外とつながっていたという証明が古伊万里なのですな。

※ここまで書くために“有田焼/伊万里焼”検索したり、ちょっと勉強してしまいました。有田は江戸時代19世紀に入るまで日本で唯一の磁器生産地だったんだ〜〜へぇ〜〜
瀬戸とか信楽とかはもっと新しい磁器なんですね…ホント自分の足元のことはぜんっぜん知らないんだなぁthink

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年9月 7日 (火)

Wordなんてダイキライ!

Macを使ってン十年、PC操作をほとんどMacオンリーでおぼえた私にはPC=Macであり、最初からDTPをやるためにPCを使っていた私は、プライベートで書類を作るのも、使うソフトは昔PageMaker、今InDesign。しかし世間ではそれは‘非常識’なんだよね〜〜(フン)

今の職場はWindowsメインでものによってMacもあり、の作業環境。WinでもInDesignやIllustratorを使う仕事はそれほどストレス感じないけど、WordでDTPはものすごいストレス。
InDesignならパパッと出来ることが、Wordではさっぱりできないので、いらいらしてヒステリー起こしそうになる。面倒くさい、わかりにくい。
これが世間では最も普及したドキュメント作成ソフトなんだから、どうなってるんだ!と怒るのは、全くの八つ当たりでしょうcoldsweats01
残念ながら、PC初心者の段階からDTP専用ソフトで書類を作っていた私の方が珍しいんだから。
おかげで判断基準はInDesign。Wordを使うときもついInDesignと同じようなつもりでやろうとしてしまう。すると右も左も分からない。立ち往生連続。

テキストのスタイルの適用の仕方も、画像の貼り込み方もいちいち違う。
驚いたのは、画像の貼り込み方が違うと、同じ画像なのに表示される画質が違ってしまうこと!
(テンプレートファイルからコピペした)ボックスに画像を配置するより、直接画像をドラッグ&ドロップして配置する方が、表示される画質がきれい…なんで??同じ画像なのに。
わけわからないよ〜。
InDesignだったら画像を貼り込む時の手続きが違っても同じ画像なら画質が違ったりしないのに。

段落スタイルを作ってテキストに適用するのは同じだけど、Wordのスタイルはイレギュラー設定するとどんどん勝手に新しいスタイルを作ってくれちゃうので、際限なくスタイルが増えてゆく…coldsweats02
インデントやタブの設定しようとすると、設定数値の単位が勝手にかわる。さっきまで‘pt’表示されていたのに、‘行’になったり‘mm’になったり。いまだにWordではきっちりインデントとタブの設定ができないワタクシ…
あ、そういえばガイドも引けなかったな。
整列機能もないよね?
バージョンが違うとインターフェースまで違うから同じ作業をしたいのにまたやり方が分からなくなるんだよ〜。

などと重箱の隅をつついてもしょうがないんでやめ。

基本的な考え方がDTPソフトと違うようだから、比較しても意味が無いってことはわかってるんだけど。
以前よりWord使う頻度は格段に増えたのに、使えば使うほど慣れるより嫌いになるソフト、Wordです。
仕事の愚痴、ご静聴感謝confident

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年9月 6日 (月)

秋の美術館めぐりその2

Swinging London 50's~60's 於・埼玉県立近代美術館

タイトルそのままです。1950年代〜60年代末+70年代初頭のロンドンを中心としたサブカルチャーを体現する“モノ”の数々。芸術品ではなく日常的な物にスポットを当てるので、いわゆる日本での高度成長時代を象徴するような大量生産品がメイン。
すでに50年代末の段階でソニーはモバイルなミニラジオを作ってたんですね、それも結構可愛いデザインの。60年代初期の段階ではポータブルなテレビさえも。
これは日本のメーカーに限らず、欧州の大手メーカーもポータブルな音楽または映像再生装置を作っていて、しっかり今につながっている。イタリアのイタルテル社製の電話機‘グリロ’はまさに現在の携帯の原型!折りたたみ式のミニ電話機なんて初めて見た。生産年代は1965年なので、当時の日本ではあの黒電話や公衆電話の赤電話しかなかったんじゃないだろうか。そもそも電話事業自体が自由化されていないからかっこいいデザインの電話機なんて発想がなかったのでは…という気がする。欧州ではどうだったんだろうか?そのへんの事情の解説が簡単でもいいから欲しかったなぁ。

で、この時代のサブカルチャー、ポップカルチャーといえば絶対避けて通れないのがロック・ミュージックなわけです。個人的にはこっちが本命で。ええ。
なんと会場内で、ジミー・ペイジとジェフ・ベック在籍時のヤードバーズがゲスト出演した映画「欲望」(原題:BLOW-UP)の件のライヴ・シーンが上映されてるんですよ。
これ私がロックを聴き始めた頃には既に伝説化していた作品で、私自身も観るのは今回初めてかもしれない。もしかしたら昔何かのイベントで、あるいはたまたまTVで観たかもしれないけど殆ど記憶がない、というかあやふやで。
この時演奏してた曲名何だったっけ?と検索してみたらしっかりウィキペディアにありました、ヤードバーズの項。
そうそう!“Train Kept A Rollin'”。でも『同曲の権利を保有する音楽出版社が多額の利用料を請求して来たため』やむを得ず替え歌として“Stroll On”を演奏したのだそう。
いずれにしても元祖・かっこいいリフのお手本。これが聞こえて来ただけで思わず首を振りそうになったcoldsweats01
このリフ、その後いろんなバンドの曲中で聴けるよね。映画のサントラでヤードバースがやった“Stroll On”は知らなくても、あのリフは絶対みんなどこかで聴いてると思う。

劇中のライヴ・シーン自体は、パンク、スラッシュ、デス・メタルを経過してしまった眼と耳には、笑えるくらい物足りない。ヘッド・バンギングもモッシュもエア・ギターも影も形も無い時代のことだから、クラブギグなのにみんなおとなしくじーっと観て/聴いている。後ろの方で控えめに踊っているカップルらしいのはいるけど、もちろん首なんか振ってないし。
そのくせジェフ・ベックがぶっ壊したギターをぶん投げるとキャーキャー騒いでもみくちゃになるのがまたおかしい。これはあくまで映画だから、なんらかの演出もあるのかもしれない。

他に、ジミー・ペイジの使っていたギターとか衣装も展示されてる。往年のファンには必見か。

そして、会場内には当時の有名バンドのアルバムカヴァーがディスプレイされてた。
ビートルズ、ストーンズは言うに及ばず、レッド・ツェッペリン、ヤードバーズ、ELP、ジョン・メイオール、ピンク・フロイド、ディープ・パープル、プロコル・ハルム、etc、etc…
自分が買って持ってるアルバムが、美術館の展示室に飾られる。
そういう時代になりましたのね(感慨)。

既に現代史年表の世界になっている半世紀前の事象。
でもここに展示された写真やポスターやアルバム・カヴァーの断片に姿をとどめたバンドやミュージシャンがいなければ、パンクもスラッシュも、デス・メタルもなかったんだよね。

歴史ってのはやっぱり、今の自分とは関係のない昔の話じゃないのです。

12日までやってます。

http://www.momas.jp/003kikaku/k2010/k2010.07/k2010.07.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年9月 4日 (土)

秋の美術展めぐり(の前哨戦…のつもり(^-^;)

仕事帰りに東京オペラシティアートギャラリーで「アントワープ王立美術館コレクション展」みてきました。
金曜日は夜8時まで開館なので、寄り道に最適。

ただ誤算だったのは…空腹だったことです〜〜coldsweats01
まぁ、マスコミが大々的に宣伝するようなイベントではないし、実際展示作品数も「え?これでおしまい?」と思う程度の少なさだったのがワタクシ的には救いでした。

テーマは19世紀末〜20世紀中頃のベルギー絵画。
アンソール、デルヴォー、マグリット(近代ベルギー絵画の3大巨匠なんだそうな。実際私が知ってる−名前と作品の特徴を記憶にとどめている−ベルギー出身の画家といえばこの3人くらい)の作品が目玉でしょうが、いまいちインパクトが弱い…
ラファエル前派のような画風のレオン・フレデリックやJ.B.デ・グレーフの作品は透明感があってきれいだけど、やっぱり今ひとつ押しが足りないなぁ…単に個人的な趣味に合う絵が無かっただけとも言えますが。

そうするとやっぱりデルヴォーの絵画は強烈です。今回の出展作は「バラ色の蝶結び」、タイトルは妙にかわいい(?)けど、その絵は不気味な空の色、人形のような表情の裸女、路上にしゃれこうべ…言葉にするのが難しい怖さを表現しております。一度見たら忘れられない不気味さは確かに傑作。マグリットの、妙にすっきりしているのにどこかヘン!な絵もいいですが…
アンソールのは、特徴ある−鼻の高い不気味な仮面を付けたような−人物像がない…

名前で絵を見たつもりは無いけど、“3大巨匠”を上回るインパクトの絵には個人的には出会いませんでした。空腹のせいで集中力を欠いてたのもいけなかったかなぁ?

http://www.operacity.jp/ag/

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2010年9月 3日 (金)

もう9月…

なのにあいかわらず残暑厳しいっcoldsweats02
でも、いや、だからこそあえて、気分だけは秋に!というわけで早速模様替えしました。

8月、勤務日は減りましたが、その後出勤日が復活したので、予定ほどではなかったがやはり減収のため、今月はやや節約モードでbearing

えーと、近況。

長年使ってた自転車がまたまたパンク。もう直しようが無いので、ずっと保留していた定額給付金を使って新しいのを買いました。いくらか足し増ししましたがねcoldsweats01高級品ではないが一応変速ギア付き。涼しくなったら少しは遠出してみたい。

話全然変わるけど

先日勤務先のご近所の某ビルアーケード内でたまたま置き捨てられた某少女まんが雑誌を覗き見…
全部読んだわけじゃないのでたまたま開いたページの作品だけなのかどうか知らないが、内容殆どレディースコミック状態でちょっとshock

というのは大げさ。ある程度、話には聞いて、想像してた…にしても。

18禁明記してない雑誌(だって私が子供のころ読んでた雑誌だよ〜)に女の妄想炸裂まんがはどうかと。
子供にああいうのを読ませたくないという親御さんの気持ちはわかる。

といって、それをお上に頼って規制するのは違うだろって思う。
子供に見せたくないものは親がブロックして家庭に入れない。それでいいんじゃないかと。
もちろん、ヤバいもんを完全にシャットアウトすることはできない。そうやって少しずつ免疫をつけていけばいいので。

うちの親は小学生のときは就寝時間・視聴TV番組・買っていい雑誌には厳しく制限つけてましたが、中学以後は殆ど何も言わなくなった。
第一、制限付きの小学生時代にも、ヤバいもんはひそかに家の中にあったのよ(こっそり見てたワタシはまっとうなコドモcoldsweats01

現実の方がもっとキタナい、といって、TVやまんがの過激表現には目くじらたてないうちの親の態度は間違ってないと私は思うのであった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »