« 秋の美術館めぐりその2 | トップページ | 秋の美術展めぐりその3 »

2010年9月 7日 (火)

Wordなんてダイキライ!

Macを使ってン十年、PC操作をほとんどMacオンリーでおぼえた私にはPC=Macであり、最初からDTPをやるためにPCを使っていた私は、プライベートで書類を作るのも、使うソフトは昔PageMaker、今InDesign。しかし世間ではそれは‘非常識’なんだよね〜〜(フン)

今の職場はWindowsメインでものによってMacもあり、の作業環境。WinでもInDesignやIllustratorを使う仕事はそれほどストレス感じないけど、WordでDTPはものすごいストレス。
InDesignならパパッと出来ることが、Wordではさっぱりできないので、いらいらしてヒステリー起こしそうになる。面倒くさい、わかりにくい。
これが世間では最も普及したドキュメント作成ソフトなんだから、どうなってるんだ!と怒るのは、全くの八つ当たりでしょうcoldsweats01
残念ながら、PC初心者の段階からDTP専用ソフトで書類を作っていた私の方が珍しいんだから。
おかげで判断基準はInDesign。Wordを使うときもついInDesignと同じようなつもりでやろうとしてしまう。すると右も左も分からない。立ち往生連続。

テキストのスタイルの適用の仕方も、画像の貼り込み方もいちいち違う。
驚いたのは、画像の貼り込み方が違うと、同じ画像なのに表示される画質が違ってしまうこと!
(テンプレートファイルからコピペした)ボックスに画像を配置するより、直接画像をドラッグ&ドロップして配置する方が、表示される画質がきれい…なんで??同じ画像なのに。
わけわからないよ〜。
InDesignだったら画像を貼り込む時の手続きが違っても同じ画像なら画質が違ったりしないのに。

段落スタイルを作ってテキストに適用するのは同じだけど、Wordのスタイルはイレギュラー設定するとどんどん勝手に新しいスタイルを作ってくれちゃうので、際限なくスタイルが増えてゆく…coldsweats02
インデントやタブの設定しようとすると、設定数値の単位が勝手にかわる。さっきまで‘pt’表示されていたのに、‘行’になったり‘mm’になったり。いまだにWordではきっちりインデントとタブの設定ができないワタクシ…
あ、そういえばガイドも引けなかったな。
整列機能もないよね?
バージョンが違うとインターフェースまで違うから同じ作業をしたいのにまたやり方が分からなくなるんだよ〜。

などと重箱の隅をつついてもしょうがないんでやめ。

基本的な考え方がDTPソフトと違うようだから、比較しても意味が無いってことはわかってるんだけど。
以前よりWord使う頻度は格段に増えたのに、使えば使うほど慣れるより嫌いになるソフト、Wordです。
仕事の愚痴、ご静聴感謝confident

|
|

« 秋の美術館めぐりその2 | トップページ | 秋の美術展めぐりその3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106595/49375209

この記事へのトラックバック一覧です: Wordなんてダイキライ!:

« 秋の美術館めぐりその2 | トップページ | 秋の美術展めぐりその3 »