« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月30日 (月)

上には上

昨日はキックオフ時間に合わせて起きられたので久々に欧州チャンピオンズリーグ決勝−−マンチェスター・ユナイテッドvsバルセロナ−−をTVライヴ観戦。

最初のうちは半分寝ながら見てましたが、後半はかなり目が覚めて来て、バルサの強さを否応なく目撃することに……
マンUだって弱くない、いや相当、かなり、めちゃくちゃ、強いはずなのに、そのマンUが全然弱く見えてしまうのが凄い。

しかもどっかみたいに大金つぎ込んで一流選手をむやみにかきあつめたりしないで、下部組織から選手を育ててトップチームでも使っているところがまた凄いんじゃないでしょうか。
個人的にバルセロニスタでもなんでもない私だけど、今世界で一番強いクラブといったらバルサしかないでしょう、とcoldsweats01

今年また日本でやるクラブW杯にバルサがくるのね…TV観戦はしようと思います。
ACLで唯一勝ち残っているC大阪にはぜひこの先も頑張ってもらってCWCに出て欲しいですが、難しいだろうなthink←という予想を裏切ってくれればいいのだが。

もううちの組のこと考えるのもむなしい感じ…どこか/何かが根本的に間違ってると思うよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月28日 (土)

いろいろ書くことはありますが…

久々に書評兼TV評。TVで大人気の「JIN−仁」原作読んでます。
(連載は終わっているので、文庫版になってから通して読んでいる)
現在放送中のTV版(完結編)と原作の違いが大きくなってきたので、TV版の最終回と原作のそれがどの位違うか気になるけど、とりあえず、TV版も原作も面白い。

TV版は原作と違う部分が巧くいってる。特に主人公・南方先生のキャラが原作とTVではかなり違う、それでいて納得できる。例えば原作の南方先生はあらゆる意味で‘出来過ぎ’…立派すぎると言ってもいい。専門外のことを手がけるのも殆どためらいがないし、歴史に詳しくないと言っているわりに、幕末人士のことをマニア的に詳しい。龍馬の匿名話をきいただけで、勝海舟の身内にあたる学者が佐久間象山だと察知するなんて歴史音痴にはあり得ないと思いますが…?
まあ、原作ではいろんな都合上、説明のかわりに主人公に語らせているだけかもしれないけど。

TV版の南方先生はいかにも歴史音痴の現代人。和宮の名前を聞いても無反応。からくり儀右衛門のことも知らないしグラバーの名前にもあんまりピンと来ていない。さすがに桂小五郎は知っていたねcoldsweats01
原作以上に歴史に関わることにためらいが大きいし、専門外のことには尻込みしがち(それでも結局はやるんだけど…そうしないと話が進まないしな)。素性に関わることを突っ込まれると言葉を濁して笑ってごまかそうとする、優柔不断な煮え切らない態度がちょっとイラっとするけど、わけの分からん状況に放りこまれた今どきの日本人ならこんなもんだろうなとも思う。
しかし、歴史に関わることにためらいがちなくせに、戦場の惨状を目撃して現代人のヒューマニズム−人命尊重主義−を龍馬に対して大声でふりかざしてしまう処は(私の読み終わった巻までなら原作にこういうシーンはない)、最近の出来の悪い大河ドラマを見ているようでちょっと抵抗があった。
原作では元服したての子供である東修介がTV版では普通に大人の長州藩士に設定されていたのも腑に落ちない。龍馬に現代人の‘上から目線’のヒューマニズムをふりかざすより、せっかく助けた命を簡単に捨てられてはたまらないと子供の修介に怒る南方先生の方をやって欲しかったな。
それとも、悲惨な戦場に子供がいるようなシーンはお茶の間に放送するには教育上よろしくないからみたいな理由で設定変えたのだろうか?裏を読んだらきりがないけど、そんな勘ぐりをしたくなるTV版「JIN−仁」の結末がちょっと心配…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »