« もう半年?まだ半年? | トップページ | Loudpark11(その2) »

2011年10月17日 (月)

Loudpark11(その1)

毎年のルーティン化しちゃってる観あり。友達が行かなきゃ多分行かないとは思いますが…(なんて後ろ向きな動機)

一応開演前に着いたので、1バンドめから観てはいます。

ANIMETAL USA
トップバッターだというのにフロア前半分がちゃんと埋まってる!(ラウパのオフィシャルサイトでメンツ確認し、いまさらエっ?とぶっ飛ぶおバカな私)巧い人たちだと思ったけど凄いなこれは…来日ドラマーはレコーディングメンバーじゃないけどワタクシ的にはどうでもいいことで。
当然アニソンしかやってないんだけど、知らない曲もあった。あとで友人にきいたら「北斗の拳」と「聖闘士星矢」(わ、‘せいんとせいや’で一発変換出来た!)の主題歌だと。うーん、やっぱり観てないアニメのはわからなくて当然か。でも「エヴァンゲリオン」は殆ど観てないけど“残酷な天使のテーゼ”は知ってた。TVの音楽番組で聴いたからか?
アニソン、特に近年のは、ちょっとアレンジを変えれば立派にスピード・メタルになるという証明そのものですが、“Fast As A Shark”が「巨人の星」のテーマに化けるとは…
「ドカベン」のテーマもやったらしいけど気がつかなかった。
「ガッチャマン」のテーマが重厚な(ここでは‘速さより気持ち重さ重視’?くらいの意と解釈して下さい)スピード・メタルになっていたのに感心。
「マジンガーZ」のテーマで突然フリフリのお嬢さん集団(でもメイクはまるでKISS)が登場したとたんアイドルのイベント会場と化すアリーナhappy01、テープが飛びペンライトが揺れる!ここはどこわたしはだれ?(おおげさ)後で携帯チェックしたらiチャンネルのニュースになっていた。あのお嬢さん集団はアイドルユニットのももいろクローバーZだそうな。へー、全然知らない。
最後は「宇宙戦艦ヤマト」のテーマで締めくくるのは日本ゆえのお約束かな?
やっぱり日本のアニソンは日本語の歌詞で聴きたいし歌って欲しいと思ってしまうのは心が狭いでしょうか?でも面白かった、今回(理屈はともかく)楽しめたのはANIMETAL USAだったかも。

AUGUST BURNS RED
すいません、一晩経って既に感想書くほどの記憶がない。個人的に興味なかっただけ、悪くはなかったよ。

STRYPER
黄色と黒の衣装もそのまま。トシはとっているけど体型も演奏も老けてなかった!何よりコーラスがきれいに決まってる。ヴォーカル含む前の3人が3人ともしっかり歌える人だったんだ…うまく表現出来ないが、全体的に何か清々しい空気が漂うSTRYPER。クリスチャン・メタルだから?なんて色眼鏡でみたくない素晴らしさ。フェス形式ライヴゆえのお得感も、今回ナンバーワンかな。

AMARANTHE
これも名前含めて全く知らない。男声・女声・デス声と3人ヴォーカルってユニークじゃない?ただし、そのユニークな編成を最大限活かせていたかどうかは、今回のライヴを観た限りでは疑問、と言うのが正直なところ。アルバムも聴いたことない私が言うのもナンだけど。

KROKUS
今回のなつかしバンド。
あれー、KROKUSってこんなにAC/DCだったか…(何じゃそりゃ)いや、AC/DCよりもメロディックだけど、昔はKROKUS聴いてもAC/DCなんて連想しなかったのに。なんでだろ?
シンパではないけど、昔さんざん聴いたお馴染み曲のお馴染みバンドが元気やっている、よかったぁ。例えて言えば同窓会?のようなライヴ。
ちなみにギタリストのFernandoが体調不良のため来られず代役がMandy Meyer。オフィシャルサイトで確認したら一時期KROKUSでプレイしていたとか。でそのMandyは今回UNISONICとして来日。こういう情報を追っかけるだけで大変。ふう。

UNITED
ここもメンツが何度も変わっていて、今のヴォーカルが外国人だってことも知らなかった。
相変わらずパワフルで元気にやっているのはよくわかった。でもフロアで暴れない自分には聴いてるだけでは単調で眠くなる(つまらないから眠くなるってのとはちょっと違うんだけど…いや、第三者的には同じかなやっぱ)。これからもがんばって活動していって下さい。
※なお、MCでトーキョー!と言わずにサイタマー!って言ってたのはUNITEDのヴォーカルさんだけだったのでは?…いいかげん、トーキョー!で間に合わせる(?)のはやめろよ…レディング・フェスでハロー、ロンドン!って言うのかい?(これってイイガカリでしょうか?)

UNISONIC
元HELLOWEENのMichiのバンド、ギターがKai Hansen。
でもって結局のところ観客が期待してるのはHELLOWEENの曲。オリジナルの曲より盛り上がるし、彼らもその期待通りにやってくれる。私も正直彼らの曲は知らないので、知ってる曲やってくれるとそれだけで助かるというか安心する。
でも1個のプロ・バンドとしてはそれでいいのか?やりたくてやってるならこちらも文句言う筋合いは無い。でもファンが期待しているからやらなければ、とか盛り上がるからやっちゃえーとか、義務感だけならやめてしまえと思う…いや、やっぱり彼らも楽しいからやってるだけなんじゃないかと…深く考えもせず、その方がファンも喜ぶし俺たちも楽しいからいいじゃーん、みたいな。そんな気がしてならない。
HELLOWEENを出て、別のバンドで活動してる連中は結局HELLOWEENから離れられない。というか、HELLOWEENを越える作品が作れない。それだけHELLOWEENの存在は大きいってことか。名義はHELLOWEENでもKaiやMichiにとっては自分の作品でもある曲を今自分のバンドでやって何が悪いと言われればそれまでだけど。

TRIVIUM
このバンドやAMARANTHEを観て/聴いているといわゆる‘デス声’って、もはやこの種のヘヴィな音をやるバンドにとってはヴォーカルのヴァリエーションに過ぎないんじゃないかと思う。ただ、一人のヴォーカリストが声や歌い方を使い分けるか、それぞれに特化したヴォーカリストを使うかの違いだけで。TRIVIUMは一人のヴォーカリストが使い分けてうまくいってるんじゃないかと。メロディックな部分と、過激で歪んだヘヴィな部分の結合のバランスが今回観た同系列のバンドの中で一番いいと感じたのがTRIVIUMでした。

今日はここまで。続きます。


|
|

« もう半年?まだ半年? | トップページ | Loudpark11(その2) »

コメント

早速のコメントありがとうございます!続き…まだできてないんで、帰宅したらがんばります(ええまだ帰宅途中)。たいしたこと書けないんですけどね。

投稿: 如月 | 2011年10月19日 (水) 21:21

あ~、行けてる事が羨ましい。って、もし大阪でやってたとしても行ってないと思うけど、長丁場だし(汗)。仕事帰りに出掛けるなんて、もう滅多にしないもの。毎日仕事だけで、体力も気力も全消耗。不景気は一人一人の仕事量をハンパなくさせてますからね・・・。って愚痴ってすいません~。AMARANTHE、私の今年のベストですよ~heart01。トリプル・ボーカルは少し新鮮だとしても、サウンド的にはさほど目新しくないような、でも、久々にはまってしまったんですthunder。スウェーデン&オランダのバンドで、なるほど北欧ねって感じですよね。最近、音楽は車の中でしか聴きませんが、ヘビロテです!

投稿: Mu | 2011年10月19日 (水) 21:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106595/53008982

この記事へのトラックバック一覧です: Loudpark11(その1):

« もう半年?まだ半年? | トップページ | Loudpark11(その2) »