« Loudpark11(その1) | トップページ | デザインフェスタ34 11月12/13日 »

2011年10月20日 (木)

Loudpark11(その2)

※遅くなりましたが続きです。

THE DARKNESS
遅めのお昼をいただく。ゆえに観ていません、ゴメンナサイ。

ARCH ENEMY
彼らの場合、北欧美女のデス声ヴォーカルという背反するキャラクターが魅力なのは確かだけど、いつまでデス声で歌うの?って思っちゃう私はほんとに門外漢なんだろうな。だってデス声って誰の声でも同じに聞こえる。性別すら超越した無個性な声と歌い方。
いや、あれは楽器の一種くらいに考えるのが正しいのかも。
同じ機種のギターを弾いても、個性と技術のある、弾くべき人が弾けば、みんな同じに聞こえるなんて言われないんだから…でも、そうなるとデス声ヴォーカルの個性ってどこにあるんだろう?
あると思う、どこかに。私には分からないだけで。思い入れも何も無い部外者には、全部同じに聞こえてもしょうがないよ。

WHITESNAKE
前回観たのがいつだったか思い出せないくらい久しぶり。ブルー・アイド・ソウルだった頃からの代表曲もやってくれて懐かしかった…が、なんだかけたたましいFool For your Lovin'…
カバ、もとい、David Coverdale、若い頃は渋めでブルースっぽかったのに、年とともに派手で華やかになっていったのよね(フツー逆だろ)。
心配したほど声が出てないわけじゃなかった。衰えは隠せなかったけどね。歩き方とか、後ろ姿がすっかりオヤジ…ときどきじいさんになっちゃってるよ。かっこよく年を取るってほんとに難しい。彼には白髪のド渋なブルースおやじになる道もあったと思うんだが。

LIMP BIZKIT
ギタリストが黒白ぱっつり塗りわけの斬新なボディペインティングしてたのが面白かった。
しかしこれはもう、フロアでタテノリになって一緒に踊らないと面白くない…。
元気な若いもんを最後まで残しておく戦略だったと考えることも可能。実際WHITESNAKEが終わると引き上げた客も少なからずいた。
私も最後まで観ずに退散しました。

いつもの2日連続開催が今年は震災の影響か土曜日1日のみ。
あと、今年はロックンロール系のバンドがいなくてちょっと残念、物足りない。
来年はどうなるのだろう?
ラインアップ、なんかもうちょっと考えて欲しい。

|
|

« Loudpark11(その1) | トップページ | デザインフェスタ34 11月12/13日 »

コメント

1日開催でも、フェス系はつかれますね~。若い頃(happy01)に、行きたいだけ行っといて良かったと、最近常々思います。フェスどころか、ぎっくり腰がくせになってからコンサートなんて何年も行ってない。行きまくってた頃は、私の人生でコンサートに行かない日々が来るなんて全く想像してなかったのにね・・・。何事も、やりたい時にやっとくべきだ~。ま、腰痛を覚悟してでも行きたいコンサートがないってのも理由。昔のアルバムばかり聴いてます。おっさんになってもメタれるモチベーションってどっから来るんだろう・・・。単純に好きだから?過去の栄光にすがりたいから?人それぞれでしょうね。私の友達はアマチュアなので、単純に好きだからって事で、今はりっぱなおっさんばっかですが楽しくメタってますrun

投稿: Mu | 2011年10月20日 (木) 20:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106595/53025932

この記事へのトラックバック一覧です: Loudpark11(その2):

« Loudpark11(その1) | トップページ | デザインフェスタ34 11月12/13日 »