« 嫌煙者の言い分 | トップページ | 最近読んだ本から »

2012年1月 1日 (日)

年賀状

Nenga_2012_web


今年の絵柄はちょっと説明必要かな、と…いや自分が説明したいのですcoldsweats01

左下の漢詩。読み下し文は

扶桑を南望す 三千里
頭上驚き看る 北斗の高きを

これは榎本武揚が18才の頃に作ったとされる無題の漢詩(七言律詩)の一部(最後の二句)です。
‘扶桑’とは中国から見た日本のこと。
「榎本武揚から世界史が見える」(臼井隆一郎著)で紹介されていたのを読んで以来気に入っていたのだけど、今回思い切って(やや強引なこじつけで)使わせてもらいました。

「榎本武揚から〜」の著者は榎本武揚を‘日本全体を北から見る視座を有する稀な日本人’と評しています。
幕臣の一人で、オランダ留学中にプロシアvsデンマーク戦争を観戦し、帰国後の戊辰戦争では幕府艦隊を指揮し、函館で降伏後、明治政府に出仕したという彼の経歴を考えると、薩長の連中とは違う視点を持っているのは自然という気がします。(とにかく、幕臣時代から北方−サハリンとかロシアとか−に縁がある)

北と言えば日本の外ではロシアですが、日本の中では北海道、本州に限れば(おおざっぱに言えば)東北にあたるので、今一番必要な視点ではないかと思いました。
今までの日本にはほとんどなかった視点(明治以来いつも東京からの視点でしか日本全体を見ていない…)であり、これからはそういう−−別の視点から日本を見ることが大いに必要なんじゃないかと思いもしたし、これは私なりの‘がんばれ日本/がんばれ東北!’というエールのつもりなのであります。

といって、年賀状でこういうことを詳しく説明するつもりはないし現実にそんなスペースもない、というわけで、今ここに記す。

ともあれ今年もよろしくお願いします。

|
|

« 嫌煙者の言い分 | トップページ | 最近読んだ本から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106595/53622457

この記事へのトラックバック一覧です: 年賀状:

« 嫌煙者の言い分 | トップページ | 最近読んだ本から »