« ボストン美術館 日本美術の至宝 | トップページ | なんと4ヶ月ぶり更新 »

2012年4月30日 (月)

ボストン美術館 日本美術の至宝 続き

(続くって書いちゃったので続けねばcoldsweats01

‘静寂と輝き’
ここで見られるのは中世水墨画と初期狩野派…おおよそ、応仁の乱あたりから戦国時代の終わる頃までの作品。
一番印象に残っているのは「松に麝香猫図屏風」。それは私が猫派だから?そうかも(すいません)。
麝香猫といっても、描かれているのはほんとのジャコウネコとは全然違う容姿の猫。どっちかというとペルシャ猫のような長毛種なので、当時の日本ではこのテの外来種の猫を称して麝香猫と呼んでいたのかしらん。
これと「松に鴛鴦図屏風」に特徴的なのが、全体は水墨画に準ずる渋い色使いなのに花だけは鮮やかな赤や緑に彩色されていることで、解説によるとこの時期の狩野派の特徴でもあるらしいです。

続く‘華ひらく近世絵画’のコーナーではさらに色鮮やかな屏風絵が。
尾形光琳の「松島図」!波の曲線が素晴らしい。もはや絵画というよりデザイン化された波浪文様という感じ。
対照的に狩野山雪の「十雪図屏風」は淡彩でも殆ど水墨画に近い印象。なんというか、静寂を絵にしたような、雪中の空気の冷たさを感じる絵。
伊藤若冲の「鸚鵡図」…極彩色の止り木の鮮やかさと透明感ある、まるでガラス細工のような白い鸚鵡が好対照。
長谷川等伯の「龍虎図屏風」の龍が、この次のコーナー曾我蕭白の「雲龍図」の龍と較べて、おマヌケに見えてしまうのはご愛嬌?

で‘奇才曾我蕭白’
すいません知りませんでしたこの名前…。
蕭白さんの描く人物はまんがチックな顔で(笑うような絵ではなくても)ひょうきんなくらい。
図録の表紙にもなってる「雲龍図」、大きな八面の襖絵一杯に描かれた龍はド迫力…でも寄り目気味でちょっと笑える。
「風仙図屏風」。池から龍を追い出したらしい?仙人か道士が主人公。黒雲と突風に驚いてひっくり返る2人の男とか草むらの兎のびっくりした顔とかまったくまんがとしかいいようのない表現。黒雲の渦がまるで追い出された龍のしっぽのように見えました。画面から突風が吹いてきそうな勢いのある絵。

私としては上記、戦国以降の作品に充実を感じたなぁ…
もうちょっと続きます(多分)。

http://www.boston-nippon.jp/

|
|

« ボストン美術館 日本美術の至宝 | トップページ | なんと4ヶ月ぶり更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106595/54590555

この記事へのトラックバック一覧です: ボストン美術館 日本美術の至宝 続き:

« ボストン美術館 日本美術の至宝 | トップページ | なんと4ヶ月ぶり更新 »