« 思い出し話2012 その1 | トップページ | 年賀状2013 »

2012年12月27日 (木)

思い出し話2012 その2

11月25日ACCEPTライヴ雑感。

一度終わったバンドで、再結成までブランクあるし、メンツも何回か変わっているのに、そういうマイナス要素を殆ど感じない。勤勉でまじめで、やるときゃきっちり仕事するドイツ人…日本人のイメージするドイツを最もよく体現するバンド。それが彼ら。

現在のヴォーカリストはUdoさんじゃなくてヤンキー(合衆国出身、の意、念のため)おやじだけど、それが何?ってくらい端正で重厚で硬派なヘヴィ・メタル。

ちょっと不思議なことに昔は感じなかったAC/DCっぽい部分が今になって感じられるのは私の耳が変わったのか?以前LoudparkでKROKUS見たときにも同じように感じたけど。AC/DCの潜在的影響力が抜群に強いってことなのかしらん?

ミリタリールックが最もよく似合うバンドでもあるな…最新作のタイトル見て、何でドイツ人がスターリングラード?と思ったので、手っ取り早くウィキペディアでググってみた。第2次大戦のスターリングラード攻防戦の詳細を読んで、あまりの悲惨さに気分悪くなりそうになった。それによると−−

『これ以降、ドイツ軍は(中略)決定的勝利を得る機会は二度と来なかった。スターリングラードの敗北は、ドイツ軍がかつて受けたことのない大敗北だった。ポーランド攻略以来の歴戦の精鋭部隊が無残に壊滅したうえ、多くの捕虜を出したこともあってドイツ国民に与えた心理的影響は大きかった。(中略)この戦いは敗北の始まりであった。エル・アラメインの戦いやミッドウェー海戦と共に、第二次世界大戦の大きな転換点となる戦いだった』

史上最大の市街戦…ちなみに民間人の死者約20万だったそうです。

…なるほど、‘スターリングラード’はドイツ人にとっては特別な何かを感じる地名なんだろうな。日本人なら広島・長崎、あるいは沖縄戦だろうか。

|
|

« 思い出し話2012 その1 | トップページ | 年賀状2013 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106595/56246472

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出し話2012 その2:

« 思い出し話2012 その1 | トップページ | 年賀状2013 »