« 看板に偽りあり? | トップページ | Ken Hensley Solo Acoustic Live »

2013年5月11日 (土)

備忘録:歌舞伎座杮葺落(4月)

先の歌舞伎座閉場あたりから長いことライヴ観てなかったので、杮葺落を言い訳に奮発して、2次販売でチケットゲットした4月興行初日の三部と6日の二部観てきました。

初日は親孝行のため両親の分も。母の希望で「勧進帳」のある三部。

もう一つの演目は「盛綱陣屋」。これは全く知識が無かったが、歌舞伎にありがち(たぶん)な、武士のタテマエ(忠義やプライド)と本音(個人的感情、主に親子や兄弟間の愛情)の板挟みになって、いたいけな子供が犠牲になる話。ストーリーやシチュエーションが知識として頭に入っていないと何をやっているのかさっぱりわからないし、知ってても感情移入しにくく、どうにも感動できない(「寺子屋」なんかも同様)。

「盛綱〜」では犠牲になる子供は自分で腹を切るんだけど、武士の世なら子供をそこまで洗脳するのは簡単だったろうな、なんてミもフタもないことを考えちゃう現代人のワタクシ。

「勧進帳」は誰でも知っている、弁慶出づっぱりの独壇場。弁慶と富樫が質疑応答するシーンは丁々発止と表現していい?得物を使わない立ち回りのような印象であります。

6日は、「弁天娘女男白波」観たくて二部。
武家娘に化けた美形の泥棒が、正体見破られて豹変するところが楽しい。腐女子の喜ぶネタ振りも伝統かしらん。だって歌舞伎は今でこそ由緒正しい‘伝統芸能’だけど、当時は下世話な庶民の娯楽だから、言ってみれば江戸のサブカル。腐ネタと親和性高いと思いますcoldsweats01

二部のもう1つの演目は「忍夜恋曲者」

これも歌舞伎にありがちな‘訳あり(?)美女、実は鬼か化け物パターンのお話。

玉三郎さん演じる滝夜叉姫、父親(平将門)の敵を討ちたい孝行娘(?)のはずだが、クライマックスでは大蝦蟇引き連れた妖術使いになってしまうのは何なんだろうな…これはこれで絵になるし、妖しく奇麗、なんだが。(蝦蟇がちょっとチャチい気もするが)

そういえば歌舞伎の人気演目には仇討ちがテーマの忠臣蔵や曽我物語があるが、美しく凛々しい女性キャラが主役の勇壮な仇討ち話ってあまり聞かないなぁ。私が知らないだけかもしれないが。

下書きのまま塩漬けももう限界。アップします。

|
|

« 看板に偽りあり? | トップページ | Ken Hensley Solo Acoustic Live »

コメント

情報ありがとうございます。どっちも観たことない…これからの公演の演目に注意しておきますわ。

投稿: 如月 | 2013年5月11日 (土) 18:39

忘れてた、もう1つありました。「碁太平記白石噺」にも美女姉妹の仇討ちが出てきますよん。こっちは見たことないけど、たまに七段目の「揚屋」の場面がかかってますな。他にも凛々しい美女だと「女暫」とかありますし、悪婆ものと呼ばれるものは伝法で鉄火で強い女性が主役で出てきます。土手のお六とか、切られお富とか、その代表格です。

投稿: Hattie | 2013年5月11日 (土) 17:40

滝夜叉姫が妖術使いという設定になるのは父親の将門が妖術を使えた、という伝説があるからだったような。

美しく凛々しい女性キャラが主役の仇討ちだと「彦山権現誓助剣」(ひこさんごんげんちかいのすけだち)がありますね。こちらいわゆる女武道で、なかなか全部は出ませんが、九段目の毛谷村の場面は今でもよく出ます。凛々しい女性が、出会った相手が許嫁と知れた途端に女らしくなっちゃうところが受けるんでしょうな。一度、見たことがあります。歌舞伎鑑賞教室などでも比較的よく取り上げられる演目でござるよ。

投稿: Hattie | 2013年5月11日 (土) 17:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106595/57120329

この記事へのトラックバック一覧です: 備忘録:歌舞伎座杮葺落(4月):

« 看板に偽りあり? | トップページ | Ken Hensley Solo Acoustic Live »