« 2014年1月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年11月

2014年11月22日 (土)

備忘録:「みなもと太郎が語る横山光輝の作品世界」

久々すぎる更新。これからは年1〜2回ペースになるか…?

去る10月5日開催、「生誕80周年記念 横山光輝」展の一環としてのトークイベント。

大河ギャグ「風雲児たち」のみなもと先生が語る、横山作品の魅力とは?

横山光輝といえば「魔法使いサリー」「鉄人28号」の原作者。子供の頃、TVアニメのサリーちゃんはレギュラーで見ていたし、誰が買ったか知らないがウチには「鉄人28号」の単行本があった。あとアニメで見てたのは「バビル2世」。実写版の「ジャイアント・ロボ」も見た覚えがある。なぜか「伊賀の影丸」とか「赤影」とかの忍者ものはあまり縁がなかった。

小学校高学年になって「水滸伝」に遭遇し、軽いカルチャーショックを受ける。後に「三国志」にころんだ下地はこの時できた。

シンパじゃないがそれなりに横山作品に浸ってきたんだな私も。

配布されたイベント用のテキスト−−みなもと先生発表済の横山作品解説のコピー(←どれも初見)−−に書かれていた一節が腑に落ちた。

よーするに今の日本における「三国志」ブーム(ビジュアル化・キャラクター化まで含む)の火付け役は横山三国志である! うわあ、そうだったのか!

ひょっとして横山三国志がなければスーパー歌舞伎「新・三国志」もなかったかもしれない?

言い過ぎ? でもそれに納得してしまうとこがすごいのかも。百の言葉で理屈こねるより、作品があってその影響力が現存していることが凄さの証明。

お話も面白かったが、テキスト解説読んでもまた楽しい。一粒で二度おいしい、というか、かなりお得な気分であった。

もうひとつ。‘ショタ’なる言葉の意味がやっとわかった。あれが‘金田正太郎コンプレックス’、ショタコンの略だなんて、想像もできませんでしたよ、マジで。

このへん説明すると何とかまとまった駄文がまたまとまらなくなるので無理矢理終わらせてアップする。イベント開催から既に1ヶ月半…(呆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2014年1月 | トップページ | 2015年1月 »