パソコン・インターネット

2010年9月 7日 (火)

Wordなんてダイキライ!

Macを使ってン十年、PC操作をほとんどMacオンリーでおぼえた私にはPC=Macであり、最初からDTPをやるためにPCを使っていた私は、プライベートで書類を作るのも、使うソフトは昔PageMaker、今InDesign。しかし世間ではそれは‘非常識’なんだよね〜〜(フン)

今の職場はWindowsメインでものによってMacもあり、の作業環境。WinでもInDesignやIllustratorを使う仕事はそれほどストレス感じないけど、WordでDTPはものすごいストレス。
InDesignならパパッと出来ることが、Wordではさっぱりできないので、いらいらしてヒステリー起こしそうになる。面倒くさい、わかりにくい。
これが世間では最も普及したドキュメント作成ソフトなんだから、どうなってるんだ!と怒るのは、全くの八つ当たりでしょうcoldsweats01
残念ながら、PC初心者の段階からDTP専用ソフトで書類を作っていた私の方が珍しいんだから。
おかげで判断基準はInDesign。Wordを使うときもついInDesignと同じようなつもりでやろうとしてしまう。すると右も左も分からない。立ち往生連続。

テキストのスタイルの適用の仕方も、画像の貼り込み方もいちいち違う。
驚いたのは、画像の貼り込み方が違うと、同じ画像なのに表示される画質が違ってしまうこと!
(テンプレートファイルからコピペした)ボックスに画像を配置するより、直接画像をドラッグ&ドロップして配置する方が、表示される画質がきれい…なんで??同じ画像なのに。
わけわからないよ〜。
InDesignだったら画像を貼り込む時の手続きが違っても同じ画像なら画質が違ったりしないのに。

段落スタイルを作ってテキストに適用するのは同じだけど、Wordのスタイルはイレギュラー設定するとどんどん勝手に新しいスタイルを作ってくれちゃうので、際限なくスタイルが増えてゆく…coldsweats02
インデントやタブの設定しようとすると、設定数値の単位が勝手にかわる。さっきまで‘pt’表示されていたのに、‘行’になったり‘mm’になったり。いまだにWordではきっちりインデントとタブの設定ができないワタクシ…
あ、そういえばガイドも引けなかったな。
整列機能もないよね?
バージョンが違うとインターフェースまで違うから同じ作業をしたいのにまたやり方が分からなくなるんだよ〜。

などと重箱の隅をつついてもしょうがないんでやめ。

基本的な考え方がDTPソフトと違うようだから、比較しても意味が無いってことはわかってるんだけど。
以前よりWord使う頻度は格段に増えたのに、使えば使うほど慣れるより嫌いになるソフト、Wordです。
仕事の愚痴、ご静聴感謝confident

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年6月15日 (火)

始まっちゃった!

また更新サボっているうちに南アW杯モードに突入。

書きかけで寝かしてるうちに日本戦。
最後の10分くらいはもうハラハラドキドキで、タイムアップの笛を聞いたらじわっっと……
やっと…やっとアウェイで勝ち点3取れたのかあぁぁぁ…weep

開幕戦と韓国vsギリシャはちゃんとライヴ中継で観ました。韓国に出来ることが日本に出来ないと思いたくないが、果たして出来るのか?と懐疑的だったけど、今は素直に嬉しい!1勝できれば御の字なぁんて言ってたらもう1勝しちゃったなんてさ。

報告といえばDTPエキスパート合格しました。誰か褒めて〜coldsweats01
ネットで受験番号で合格確認したけど、どうも書類がこないと実感がわかなくて…で、その書類も先日届いたので、ほっとしたというか何と言うか。スクールの方で合格祝賀会やってくれるそうです。別にどっかのホール借りてとかいうのではないのでつつましいものでしょうが、悪い気はしませんな。

報告その2。
スカパー!観るためにまずフレッツ光の契約したので、プロバイダーも変更、よってメルアドも今月中に変更になります。正式に変更になったら一斉メールで連絡するのでよろしく。

喜びをかみしめて、今日はもう寝ます。イタリア戦観る方、頑張ってねcoldsweats01

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2010年1月26日 (火)

プレッシャー…

先週末のDTPエキスパート受験対策講座。
講師さんが試験内容の最新情報をリークしてくれた。っても、関係者の正式なミーティングで話されたことなので、不正情報ではありませんcoldsweats01

それによると、前回の合格率がかなり低かったので、今回はちょっとだけ易しくなる(という表現が妥当かどうかは?だけど)らしい。
対策講座で過去問題を徹底分析しているのだから、一般受験者より有利なはず、というわけで、全員(各分校それぞれの対策クラスすべて)合格できたらいいなぁ、とおっしゃる。今通ってるスクールでは過去一度もないそうだ。仕事しながら受験する人もいるのでやむを得ない面もあるが。

私は今毎日は働いてない(週2〜3日単発の仕事のみ)から時間だけはあるんだけど…難しいんだよね。光の三原則やデジカメの構造の話までやるんだもんなぁ。
えっ、今初めて聞きました、なんてことがいっぱいある。
知らないことを知っていくのは面白いんだけど…テストの合否がかかっていると、話は別。
ううこれって絶対プレッシャー…きついよぉぉbearing

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年12月27日 (日)

Webデザイナー検定2級合格

昨日メールで通知があったので、公式HPで合否確認しました。
自己採点で誤答数がビミョ〜だったので覚悟していたら『合格』!
同じクラスで15問間違えて不合格だったという人がいるので、13問間違えた私はギリギリセーフということか。肝に銘じますthink

年賀状は昨日投函しました。なんとか元日に届きそう。
喪中の方には年賀状は出しませんが、自前のグリーティングカード送りました。

14〜22日は単発の仕事で、6月まで行っていた派遣先に再び出勤。社員さんが一人やめたところで臨時に人出が必要になったらしい。
やめた社員さんは名前も顔も知らないので、私が契約満了でやめた後で入って、半年もたずに辞めたってことか。まあ人それぞれ事情があるだろうけど、特別な事情がなくてももたなくて当然って気がするからなぁ。私がいた間にも若い社員さん何人も入れたのに、半年弱ぶりに行ってみたら残っているのは2人だけ。入ったと思ったらすぐ来なくなった人もいたし。私も派遣だから我慢できたけど、そうじゃなかったら…(以下略)

20日からはDTPエキスパート試験対策講座に入りました。
DTPエキスパートは難しいと聞いていたけど、1回目の授業で、試験前にのんびりできるのはこの年末年始だけだからゆっくり遊んどいて下さい、とおどかされた。
いわく、休憩時間はさんでトータル4時間で700問解かねばならないとか(Webデザイナー検定は2時間で約50問…ひえっ)、各カテゴリーごとに正答率8割でないと合格できないとか、コワい話ばかり。ペーパーテストの後に実技試験(作品提出)があるし。本試験前に統一模試もあるんだよ〜…まるで(芸術系)大学入試じゃねえかcoldsweats02

20日の午前中授業のあと、池袋西武別館の萩尾望都原画展へ。
日曜だから覚悟してたけど、やっぱり混んでた。なぜか皆さんまんが原稿の前では「見/観る」だけでなく「読んで」しまうようで渋滞(?)してしまうのねcoldsweats01おかげでカラーイラスト原稿の前は比較的空いていてゆっくり見られたくらい。
(全くデジタル化されていない手描きの)カラー原稿は子供の頃から憧れの的。萩尾さんのカラーも感涙・感激・感動的。かつて自分が描きたかったもの(…そして今ではほとんど描けないもの…)を描いている。それだけで尊敬。
淡い色、濃い色、鮮やかな色、パステルカラー…作品によって使う色は違うけど、それぞれのバランス、色遣いに脱帽しました。

私はこういう漫画家さんの原画展ではなによりカラーイラスト原稿を見たい。
乱暴に言ってしまえばモノクロのまんが原稿は、「読む」ための作品本編を印刷するための版下でもあるので、自分自身がプロもしくはプロ志望の漫画家でなければじっくり見る必要は無い。作品を「読む」ならコミックスでも文庫本でもいい、そっちを「見る」べきだから。
でもカラー原稿はこういう機会でないとじっくり見ることが出来ない。だから、今回はその点では十分堪能させてもらった。「ポーの一族」シリーズやそれよりさらに古い原稿もあって充実度も高いのでは?萩尾さんの初期の絵柄はむしろ少年漫画に近いというのもちょっとした発見(ていうほどのもんではないかな)だった。直接手塚治虫作品に影響、というか衝撃を受けた世代だからかな……

※私も横山光輝の「水滸伝」に一種のカルチャーショックに近い衝撃を受けたクチなんだけど、プロになろうという決意には足りなかったところが凡人よねsweat02←これは余談

公式カタログもカラーイラスト満載でうれしい。けど、不満をあげるとすれば、人形作家や劇団の記事(役者のプロフィール等)は要らない…その分イラストをもっと載せてくれた方がよかった。こっちは萩尾望都作品を見たいのだ。お芝居のプログラムを読みたい訳ではない。
ええ、これってほんとに個人的なわがままだと思う。会場にディスプレイされていた小物やお人形や舞台の小道具にしても萩尾作品と関係の深いものだし、作家自身が演劇好きで自ら演劇に関わっているのだから、私ごときが文句言う筋合いなどこれっぽっちもない。
ない?のかな?ほんとに?うーん…自分でも、このささやかな違和感や不満を上手く言い表せない。
はっきり言えるのは、私は萩尾望都作品にインスパイアされたお人形やお芝居ではなく、作品そのものと向かい合いたいからここに来てるのだ。だから、余分なものを見せられた、という感じがどうしてもある。お人形なら会場の雰囲気作りのデコレーションの一部として見ることは出来る(それでもイメージ違うなと思ってしまう。これは私の持っているイメージと違うだけなので、他の人はまた違う印象や感想があるだろう)が、劇団の舞台に使う小道具や衣装の展示や、カタログ記事は…役者の顔写真入れてまですることかな、と。
舞台に関しては、あれだけの展示で、‘舞台化された萩尾望都ワールド’とやらを実感できない。個人的には興味もてないし観に行ってみようという気にもならなかった。作者としてはこういう演劇にも興味持ってくれればいいな、くらいの気持ちだろうし、それは理解できるのだけど。ただ、作者が演劇好き、ってのも個人的なことで、まんがの読者(=ファン)には関係ないよね…

基本的にまんがとして完結した作品を他の手法(特に文学や舞台や映画などの実写化)に置き換えて表現することにほとんど期待していない私(=アナログまんが至上主義?)の狭量さに由来する不満とは言えます。些細なことかもしれないと思いつつ、どうにも引っかかって消えない違和感なので書いておきます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2009年10月25日 (日)

iTunesって…

案外使えないのねthink

RIOTの『Privilege of Power』(いくら探してもCDがない…どうやら、もともとテープしかなかったのに、勘違いして他のテープと一緒に廃棄してしまったらしい)を買おうとiTunesで検索したら、無い!
んで、アメリカのiTunesに切り替えて検索したら、ちゃんとあるでないの。ところが私のアカウントでは日本国内しか有効でないので、アメリカ向けに新しいアカウント作ろうとしたら、カードの請求先住所の国名がアメリカ以外選択できない。結局あきらめ、昨日某専門店でCD購入。
この件についてアップルに送った問い合わせメールの返信によると

『各国の iTunes Store からアイテムを購入したい場合は、その国の居住住所および請求先住所が必要です。 各国の iTunes Store のアイテムは、その国で発行されたクレジットカード、デビットカード、iTunes ギフトカード、または iTunes Card を使用できるお客様にのみ販売されています。』

だそうで。
早い話が国外のiTunesから購入できないんですね。驚いた。いまどき海外のコンサートチケットだって直接ネットで買えるのに、iTunesに‘国境’があるとは思わなかった。それとも何か法的な縛りがあるのかな。著作権がらみ?(知らなかったのは私だけ?)
どっちにしろ、ユーザーの立場からは不便な話。国内のiTunesしか使えないならアイテムをどの国も同じようにそろえてくれよ!
一応メールで意見は送りました。

ところでRIOTの復活再来日はラウドパークの日まで知りませんでしたcoldsweats01
それもアルバム『Thundersteel』時代のラインアップで。最近のセットリストによるとライヴでやるのは『Thundersteel』とその次の『Privilege of Power』からの曲が大半。ワタクシ的には『Privilege of Power』でのホーンセクション付きのファンキーなRIOTが大好きでしたのじゃ♫行くっきゃないでしょう。
なんだか久々に予習する気十分になってしまって、今週はiPodに上記2作を入れて聴きまくり〜で近年になく気合いの入ったライヴ前夜でありますhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008年10月28日 (火)

ご無沙汰という言葉も陳腐(笑)1

更新サボっているうちにいろいろあって。

ユーロとドルが値下がりし、うちの赤菱組はACL準決勝で敗退し、新しいMACがうちにやってきました(全く脈絡がない)。

いままで使ってきたiBookがすっかり旧型となり、OSの更新もできなくなってしまったため、サイトによっては表示がうまくできなかったり、通販のための入力もできない、なんて不具合が出てきてしまった。仕事で使うInDesignも旧OSでは使えないし、PageMakerはDTPソフトとしては重要ではなくなってしまった…そんなこんなで新しいMac、高いのはちょっと買えないので一番安いiMacを購入。それでもキーボードとマウスはワイヤレスにして、AirMacも買ったので、少しはコードも減ってすっきりするかと思ったんだけど、今のところあまりすっきりしてません。使っているソフトの都合上今のところ古いiBookもまだ必要だから捨てられないし、私の部屋は狭いのであまりAirMacを使う意味はなかったというオチ付き。しかもときどき前触れなしインターネット接続が切れているという現象が起こる…たいていはインターネット診断をするか、再起動すればなおるんだが。光ケーブルのモデムがちょっと古いのもいけないのかもしれない。
あああ、年賀状の季節がくるから、宛名職人も更新しなきゃいけないんだったぁ〜〜!!

下書きでは続きがありますが、今日はここまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|