音楽

2012年1月 9日 (月)

名曲の引用

ウィーンフィルのニューイヤーコンサートを8日遅れで鑑賞。

今年の演奏曲は‘引用’が多いなぁ。自分が今まで気がつかなかっただけで毎回やってたかもしれないけど、今回は有名曲の引用が多いから目立つのかな?

1曲目「祖国行進曲」。いきなり「ラデツキー行進曲」の引用。終わり近く、現在のドイツ国歌のサビのメロディを引用。調べてみたらハイドン作曲の同じメロディがかつてはオーストリア-ハンガリー帝国の国歌として使われていたということなので、ここで使われてもぜんぜんおかしくないのだが、知識として持っていないと『えっ?』と感じてしまう。やれやれ。現在の国境線を頭から取っ払わないと歴史は理解出来ない←再確認(しょっちゅうやってる…)

2曲目でも「美しく青きドナウ」のメロディが使われていた。
シュトラウスさんがシュトラウスさんの曲の一部を自分で取り込んでアレンジするのは自作の再利用(?)でどうってことないんだけど、「‘カルメン’のカドリーユ」なんかまんまビゼーの「カルメン」から有名な曲のメロディを持って来てアレンジしましたって感じだ。
こういうのは今よく使われる言葉で言えば‘オマージュ’なんだろうな…。
著作権法的にどうなんだろうとふと考えてしまったが、著作権保護期間はとっくに過ぎてるし、原典が明確過ぎてパクリを云々する余地もない。

本格的なクラシックのマニアから見れば俗な選曲なのかもしれないけど、正直なところマニアでないTV桟敷の聴衆の一人としては、自分のよく知ってる曲がたくさん出てくる方が退屈しないし楽しめる。

チャイコフスキーのバレエ「眠りの森の美女」のワルツもお馴染みの曲だし、アンコールの2曲「美しく青きドナウ」「ラデツキー行進曲」も不動。

ウィーン少年合唱団が登場(1998年以来とか)して合唱付きでポルカをやったり、「コペンハーゲン蒸気機関車のギャロップ」「鍛冶屋のポルカ」では小道具使ったり−−指揮者が発車のホイッスル吹いたり、指揮棒の代わりに金槌2本持ってトンテンカン♪
お約束のバレエ付きの3曲のうちポルカ「燃える恋」はグスタフ・クリムトの‘接吻’が動き出したかのような演出が面白かったheart01

というふうに、演出もいつにも増してヴァラエティーに富んでいて退屈知らず。
そんでも大あくびするお客さんがばっちり映っていて、フォーカスされたおじさんには申し訳ないけど笑えた。カメラさんもイヂワルcoldsweats01

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2006年1月 3日 (火)

ウィーン・フィルのニューイヤーコンサート

毎年元日恒例のイベント。
夕食を外で食べたので途中からしか観られなかったけど、十分楽しませてもらった。
今年の指揮者はマリス・ヤンソンス。クラシックに暗いので、どのくらいの実績と人気のある人かは知らないが、この日みた限りではなかなかお茶目なおじさんであった(「電話」というポルカのエンディングで自分の携帯が鳴ってあわてて切る、「山賊のギャロップ」のエンディングで妙に銃身の長い拳銃をブッ放す)。
曲によってバレエ付き、出演ダンサーはウィーン・シュターツオーパー、フォルクスオーパー・バレエ団、ただし一部ソリストはハンブルク・バレエ団からの出演者。見る人が見ればすぐわかる一流どころなのだろうが私にゃさっぱりわからない、けど眼の保養ができればそれで十分、男性ソリストの中に女顔のブロンド美青年タイプがいたのでニンマリ(笑)なのである。
正月なので、おめでたくてノリのいい、楽しい曲ばかりやってくれるので眠気は誘わないっす。クラシックに詳しくなくても楽しめるから、見たこと無い人は来年見てちょ。アンコールの定番「ラデツキー行進曲」は必見・必聴。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2005年5月24日 (火)

音楽ライヴ:HANOI ROCKS (5/22)

2度目のハノイ。というのにまたしても予習を忘れて曲名がさっぱりわからん状態で行く事になった。正直なところ昔ツバキハウスのHMサウンドハウスでさんざんかかった曲以外殆ど知らんのである(自慢になりません)。
それでも楽しめるのはいいんだが、夜更かし続きであくびも出ました。いえ、ハノイのせいではありません。
モンちゃん(Michael Monroe)は相変わらず細くて元気で、派手できんきらきんの衣装が似合って、70年代以来の伝統的グラマラスなロック・スターのイメージそのままでいるのは凄い。21世紀の今となっては稀少価値かもしれない。おまけに本業のヴォーカルの他サックスにハーモニカ(ブルース・ハープ?)は吹くし、この日はアンコールでドラムまで叩いてみせた。芸達者というか多才というか。
他のメンバーもそれぞれ個性的なルックスで面白い。ベースはラーメンマン、もう一人のギタリストはカリブの海賊。モンちゃんがドラム叩いている間ヴォーカルやったドラムのお兄さんは地味そうに見えてその実は前に出てきても違和感ない存在感。そしてAndy McCoyは言葉を必要としないルーズさ−生まれた時から酔っぱらい、みたいな−。
ハノイはルーズなようでいて、バンドとしてまとまりがある。凄いテクニックがあるわけじゃないんだけど、ロックンロールのかっこよさはそういうものとは関係なく存在するものなんだなぁ…それがハノイ・ロックスの凄さなのかも。

| | コメント (0)
|